わかたけトピックス

気になる話題をチェック!エンタメ・グルメ・イベント情報など

*

芦沢央「罪の余白」のネタバレ感想!あらすじや映画キャストは?

      2015/10/04

こんにちは、若竹です。

この秋、注目の映画「罪の余白」の原作小説をさっそく読んでみました!

素直な感想として「めちゃくちゃ面白い!」

読み始めてから結末まで約300ページを一気に読み切ってしまいました!

※物語順に内容を結末までネタバレしたものがコチラ。

関連記事:「罪の余白」の全てをネタバレ!映画の結末は原作小説とは違う?

今回は原作小説のネタバレ感想や注目ポイント、映画版のキャストなどについてチェックしていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

「罪の余白」に注目!

まずは、あらすじから見ていきましょう。

 

ある日、高校1年生の安藤加奈が飛び降りてこの世を去った。

父子家庭で大切に娘を育てていた主人公・安藤聡は原因に思い当たる節もなく呆然とするばかり。

一方、加奈をいじめていた木場咲と新海真帆は真相の露見を恐れ、事態の隠蔽に動き出す。

対して、行動心理学者の安藤も事件の真相を探るために行動を開始する。

罪の余白の中で、葛藤する被害者と怯える加害者。

果たして結末は!?

 

感情が交錯する傑作小説

「罪の余白」はミステリーではなくサスペンス。

最初から犯人は明確であるにも関わらず、まさに「罪の余白」の中でそれぞれの思惑が交差し、ドキドキする展開が連続する傑作小説です。

注目はそれぞれの心理描写。

・妻をガンで失い、その妻が命を引き替えにして産んだ娘も失い、生きがいをなくした状態から、徐々に正気を失いつつ冷静に行動する主人公。

・安藤の同僚の大学教授で、他人の感情を読み取ることが出来ない不器用な女性・早苗。

・自分は特別な人間だと認め、プライドが高く計算高い。常に周囲を見下し自分のことだけを考える容姿端麗の腹黒女・木場咲。

・咲にコントロールされ、咲なしでは生きていけないという思いから加奈を徹底的にいじめた実行犯・新海真帆。

物語は基本的にこの4人の視点が入れ替わりながら語られていきます。

それぞれが状況の中で考えること・感じることは非常に「リアル」でまるで本当に起きていること・本当に存在する人物を見ているかのようです。

2012年に刊行された「罪の余白」が著者・芦沢央のデビュー作とはとても思えないクオリティ!

映画では一部設定や物語が改変されるようですが、是非原作小説も読んでいただきたい作品です。

スポンサードリンク

 

結末まで簡潔にネタバレ

結末から物語を整理すると「罪の余白」はこういうストーリー。

 

咲はささいな出来事から加奈に悪意を抱き、周囲にばれない様に、そして自らは手を下さずにいじめていた。

しかし、結果として加奈が落ちてしまったのは予想外。

咲は「芸能界に入る」という幼少のころからの野望を護るために事態の隠蔽に動く。

咲は「加奈の日記」の存在を確かめるために名前を偽って安藤家を訪問するが、それをきっかけに安藤は日記を見つける。

いじめを知った安藤は復讐を決意、訪問時の違和感から咲の正体に気付く。

そして「正体に気付いてないふり」をした安藤は咲と真帆を罠にかけて反省を「試す」ことに。

結果として咲が「加奈の事件」に責任を感じていないことを確かめた安藤は、自ら咲を手にかけようとするが咲の一言で方針を転換。

咲に自分を突き落させることで、咲と自分にふさわしい罰を与えようとした。

結果として、安藤は命を取り留め、咲は少年院へ送致。

安藤は最後に真帆からの手紙で初めて「いじめを苦にした投身ではなく、事故で落下した」ことを知る。

 

木場咲という「悪」

咲が事実上操っていた真帆は、最後の最後で証拠隠滅に反対し罪に対する「反省」を見せます。

一方で、「罪の余白」で最も印象深い登場人物である木場咲はいっそ清々しいほどに最後まで「悪」

しかも架空の人物としての「悪」ではなく、現実世界のどこかに存在するようにすら感じさせる「気持ち悪さ・不快感」があります。

子どもの頃から「自分は特別だ」と認識し、当然のように芸能界に入るものと考えている咲は外面上は「容姿端麗で性格よしの優等生」

しかし、その実態は常に周囲を見下している腹黒で、常に自分の利益のことだけを考えている性悪です。

そんな咲の目的は最後まで徹底して「保身」

芸能界に入るためにはスキャンダルが知れてはならない、という行動原理で咲は行動しています。

そのためなら

・自分がいじめたせいで命を落とした加奈の家に証拠隠滅目的で訪問し、別人として無感動に線香をあげる。

・いじめが発覚した際、加奈の父親が絶望して自ら命を絶つように追い込む。

・安藤の計画を利用し、真帆を見捨てて安藤に始末させようとする。

などの非道徳的な選択も迷わずにできるのです。

 

「罪の余白」には「ダブルバインド」という言葉が登場します。

最後の場面。

自らの手を汚し加奈の父親(安藤)を突き落すか、このままいじめのスキャンダルを週刊誌に報じられ芸能界入りの道を断たれるかという2律背反に咲は直面します。

そして咲が選択したのは「突き落す」方でした。

いずれを選んでも咲の野望はお終いだったわけですが、それでも安藤を「落とす」方を選んだあたりに、木場咲と言う他人事ではない悪人の本性が見えるようです。

 

映画キャストは?

映画では原作が改変され「安藤VS咲の心理バトル」が主に展開されるようですね。

主人公で行動心理学者の安藤を演じるのは内野聖陽さん!

そして「絶対悪」咲を演じるのは国民的美少女コンテストグランプリの吉本実憂さん!

原作のイメージ的にはバッチリなキャストだと思われます。

実力派俳優として定評のある内野聖陽さんの演技はもちろん、本記事で徹底的に「悪女」として紹介した咲を吉本実憂さんがどこまで憎らしく再現してくれるのかに注目です!(笑)

 

※映画「罪の余白」を見てきました!

関連記事:映画「罪の余白」の感想とネタバレ解説!原作との違いは?

 

その他の映画キャストは以下の通り!

小沢早苗 – 谷村美月
笹川七緒 – 葵わかな
新海真帆 – 宇野愛海
安藤加奈 – 吉田美佳子
西崎真 – 堀部圭亮
宮崎知良 – 利重剛
高山満 – 加藤雅也
安藤加奈 – 吉田美佳子

葵わかなさんも宇野愛海さんも現役高校生の17歳!

「罪の余白」では咲を目立たせるという意味でもわざと「イモっぽく(地味に)」していましたが、本来は2人とも美少女です。

 

まとめ

芦沢央「罪の余白」が映画化するということで、原作小説のネタバレ感想などをお届けしました!

原作の結末は「咲の完全敗北」

しかも、安藤は生き残って早苗さんと人生をやり直す…という希望的な終わり方でした。

しかし、映画では設定も変わっているようですし最後まで目が離せません!

また、作品の代名詞ともいえる「悪女」木場咲を吉本実憂さんがどのように演じているのかにも注目!

予告編で見せた表情はまさにイメージ通りの「咲」だったので結構期待しています。

映画「罪の余白」は2015年10月3日公開予定です!

スポンサードリンク

 - エンタメ

  関連記事

小説「君の膵臓をたべたい」のネタバレ感想!感動の結末に号泣!

こんにちは、若竹です。 住野よる先生のデビュー小説「君の膵臓をたべたい」が映画化 …

能年玲奈が消えた!2015次回作未定の理由とは?干されたの?

こんにちは、若竹です。 「そういえば、最近は能年玲奈さんを見なくなったなあ…」 …

西山茉希が旦那の早乙女太一と結婚するまでの熱愛・破局・復縁の道のりとは?

こんにちは、若竹です。 今回はモデル・タレントの西山茉希さん(29)と旦那の早乙 …

さだまさし「ちゃんぽん食べたか」ドラマ化!キャストが豪華すぎる!

こんにちは、若竹です。 菅田将暉、本郷奏多、間宮祥太朗…今を時めく若手イケメン俳 …

奥菜恵の現在とは?事務所退社で再婚秒読みも押尾学の影が!

こんにちは、若竹です。 女優・奥菜恵さんと俳優・木村了さんが早ければ年内にも結婚 …

染谷将太が結婚!相手の菊地凛子はバツイチの離婚歴あり?子供は?

こんにちは、若竹です。 染谷将太さん(22)が熱愛を報じられていた菊地凛子さん( …

映画「かぐや姫の物語」のネタバレ!姫の犯した罪と罰とは何だったのか?

こんにちは、若竹です。 スタジオジブリの映画「かぐや姫の物語」がついに金曜ロード …

【2015年4月期】ジャニーズ出演春ドラマ一覧!木村拓哉・相葉雅紀も出演!

こんにちは、若竹です。 2015年1月期のドラマはそろそろ折り返し地点ですね。 …

ヒメアノールのあらすじや結末ネタバレを公開!森田剛主演で映画化!

こんにちは、若竹です。 古谷実さんの漫画「ヒメアノール」が実写映画化されることが …

松田翔太が彼女と結婚意識?秋元梢と熱愛交際中!元カノは?

こんにちは、若竹です。 プレイボーイで有名な俳優の松田翔太さん(29)に新たな熱 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


cropped-tesu-1.png