わかたけトピックス

気になる話題をチェック!ドラマ・映画・漫画・小説のあらすじネタバレなど

*

映画「バクマン」の感想とネタバレ!見吉など原作漫画の改変も多いが良作!

   

こんにちは、若竹です。

注目の実写化映画「バクマン」を見てきました!

公開前から「サイコーとシュージンのキャストが逆では!?」など何かと話題になっていた作品でしたが、率直な感想として面白かったですね!

キャストに関しては特に違和感もなく、むしろ豪華俳優陣を使いまくっているだけに登場人物がいちいち魅力的になっています。

また、原作漫画が単行本20巻分とボリュームがあるだけに「どこまで描かれるのか?」「どこを結末にするのか?」という点も気になっていたのですが、この点に関しても文句なし!

大胆に原作改変・カットされてはいるものの、かなり内容が詰め込まれていて、テンポよく濃い展開が続いた末に爽快感の残る結末が用意されていました。

というわけで今回はそんな映画「バクマン」の感想や、原作漫画との違いなどについてチェックしていきたいと思います!

※映画のネタバレを多分に含んでいるので注意!

スポンサードリンク

 

映画「バクマン」の感想とネタバレ!

まずは、映画「バクマン」のあらすじや結末について振り返ってみたいと思います。

 

★映画「バクマン」の内容

2人がコンビを組んだのは高校2年生の時。

サイコーは叔父「川口たろう」の影響や、想い人「亜豆」との約束から漫画家になることを目指します。

そこからジャンプへの持ち込み、手塚賞準入選と順調に進むサイコーとシュージンは、その過程で新妻エイジや福田組のメンバーと知り合いになりました。

その後、2人の作品「Wアース」はジャンプの連載会議で落とされてしまったものの、次作「この世は金と知恵」が連載決定。

新妻エイジと「ジャンプアンケート1位」を巡る高校生マンガ家バトルがスタートしました。

ところが、漫画連載は甘くなく「この世は金と知恵」の人気は失速。

テコ入れとして亜豆をモデルにしたキャラクターを登場させたことでなんとか人気は回復しましたが、今度はサイコーが体を壊して倒れてしまいました。

編集長からは「高校卒業まで休載」と宣告され、さらに亜豆からは「私とサイコーの仲がネットで騒がれている。事務所が恋愛禁止だからもう会えない」と追い打ちが。

打ちのめされたサイコーがとった行動は、漫画を描くことでした。

体調が戻らないまま、締切には間に合わないであろう漫画に向かうサイコー。

そこへ福田組のメンバーが現れ、まさに「友情・努力・勝利」を体現するかのようにサイコーの漫画を手伝います。

なんとか締切ギリギリにマンガを書き上げたサイコーたちは編集長に直談判し、「この世は金と知恵」は巻頭カラーで掲載!

その週の連載は新妻エイジを抜いてアンケート1位を獲得したのでした。

…時は流れてサイコーとシュージンの卒業式の日。

あれから「この世は金と知恵」は再び失速し打ち切りに。

次の連載作品に向けて、胸を躍らせつつ意見交換する2人の姿で映画「バクマン」は締めくくられました。

スポンサードリンク

 

原作漫画との違いは多い!

映画として非常に良くまとまっている「バクマン」でしたが、原作漫画と比べてみると異なる点が結構多いことに気づきます。

 

★見吉など女性キャラのカット!

例えば、登場キャラクターとしては後にシュージンの妻となり、序盤から重要なポジションにいた「見吉香耶」は全カット!

それだけでなく「亜豆」を除く主な女性キャラクターは全員カットされています。

これにより「亜豆」の出演シーンには特別感が出ていたので、そのあたりが狙いだったのでしょうか。

 

★作品も違う!

また、大きな違いとして挙げられるのはサイコーとシュージンの書く作品!

映画では第1作「Wアース(漫画版のタイトルは「ふたつの地球」)」が手塚賞準入選し、2作目「この世は金と知恵」がジャンプ発連載作品として2人の代表作になっていました。

ところが原作漫画における「この世は金と知恵」は赤マルジャンプに掲載(連載ではない)された3作目の作品で、週刊少年ジャンプに初連載されたのは「疑探偵TRAP」でしたね。

「ヒロインのモデルが亜豆」「サイコーの急病で休載」という要素も原作漫画では「疑探偵TRAP」時のモノでした。

ちなみに映画「バクマン」のラストシーンでは、シュージンのアイディアを元にサイコーが黒板に新作の絵をかくシーンがありましたが、そこで描かれていたのは原作漫画における連載作品(「PCP -完全犯罪党-」「走れ!大発タント」など)でした。

 

★亜豆との関係が違う!

そもそも亜豆とサイコーの関係が世にばれるのが早すぎる!(笑)

原作漫画では亜城木夢叶の連載4作目「REVERSI(リバーシ)」のアニメ化オーディションの際に、亜豆とサイコーの関係が世に知られてしまいました。

まあ、これは「人気漫画家と人気声優」という地位があっただけに理解できるのですが、映画では「新人漫画家と新人声優」という立場だっただけにちょっと違和感。

また、その時の対応にしても原作漫画の亜豆が「事務所命令を破ってまでラジオ番組でサイコーとの関係を説明。その後実力でヒロイン役を勝ち取る」というドラマティックな行動をとっているのに、映画「バクマン」ではあっさりと「もう会えない」「ずっと待ってるなんて無理」宣言ですよ。

なんか、亜豆さん薄情になった…?

しかも、映画「バクマン」では亜豆との関係はうやむやなまま。

そのあたりは、ちょっともやもやする点ですね。

 

★細かい点もいろいろ

主人公たちが「亜城木夢叶」というペンネームを使わない。

川口たろうの漫画が「バックマン」になっている(原作漫画では「超ヒーロー伝説」)

などなど…。

 

感想は?

上では原作漫画との違いについて触れていたりしますが、個人的に映画「バクマン」の評価が低いというわけではありません。

映画「バクマン」は原作に忠実ではないかもしれませんが、「原作の魅力を引き出そう!」というリスペクトを強く感じました。

結果として、これ以上ないくらいのサイコーが、シュージンがそこにいたと思います。

 

また、映画「バクマン」で特筆すべきは本来地味でしかないはずの「漫画を描く」という作業をとてもスタイリッシュに演出したことです。

他の映画で見たことのないあの演出は「実際の撮影とプロジェクションマッピングの併用」という新しい試みだったそうですが、見る側にとっても新鮮で楽しかったですね。

そして何といっても漫画を描くシーンではBGMが印象的でしたが、劇中の音楽は主題歌担当の「サカナクション」が手掛けていたと聞いて納得。

「キャスト×演出×音楽」が揃い、大満足のシーンになっていました。

 

それに何といっても映画「バクマン」の魅力を高めていたのは豪華な俳優陣!

佐藤健・神木隆之介に加えて、染谷将太・桐谷健太・山田孝之がメインキャストで出演している作品なんて他にあるのでしょうか!

しかも、さらに宮藤官九郎にリリー・フランキーまで出演しているとなればもう「どう転んでも面白くなる」と言っても過言ではないほどのメンバーですよね。

また、ヒロイン「亜豆」役の小松菜奈さんも可愛かったです!

 

まとめ

以上、映画「バクマン」の感想やネタバレ解説でした。

原作漫画との違いも多いながらも、原作ファンも楽しめる素晴らしい仕上がり!

「漫画を描きたい!」という若い情熱やワクワク感が十二分に伝わってくる良作でした。

演出もスタイリッシュかつ派手で、ストーリーもテンポよく進むので見ている分にストレスはなし。

幅広い年代が楽しめる映画だと思われます。

世間の感想・評価を見てみてもやっぱり「良かった」という声が多いようですし、見る映画に迷ったらとりあえず「バクマン」に決めておけば問題なし!ですね。

 

(でも、やっぱりちょっと見吉香耶や蒼樹紅や岩瀬愛子を実写で見たかった気もしますが…)

スポンサードリンク

 - エンタメ

  関連記事

池田純矢に彼女はいる?結婚疑惑やタバコ問題の真相は?特撮・声優で高評価

こんにちは、若竹です。 今回は異色の経歴を持つ俳優・池田純矢さん(22)について …

芦沢央「罪の余白」のネタバレ感想!あらすじや映画キャストは?

こんにちは、若竹です。 この秋、注目の映画「罪の余白」の原作小説をさっそく読んで …

傷物語のあらすじ・結末をネタバレ解説!映画3部作の内容は?

こんにちは、若竹です。 化物語シリーズの原点「傷物語」の映画情報がついに発表され …

小説「虐殺器官」あらすじとネタバレ!映画でも衝撃のラストに注目!

こんにちは、若竹です。 伊藤計劃のデビュー作にして、劇場アニメ化のラストを飾る「 …

ドラマ「破裂」のあらすじ・キャストは?久坂部羊の原作小説とは違いも

こんにちは、若竹です。 今回は2015年10月からのNHKドラマ「破裂」に注目! …

岩本乃蒼は高校から高偏差値だった!日テレ同期の熱愛彼氏とは?

こんにちは、若竹です。 今回は、3月末から朝の番組「スッキリ!」にも出演している …

妻夫木聡と櫻井翔は親友!共演したドラマ作品や仲良しエピソードは?

こんにちは、若竹です。 映画「バンクーバーの朝日」の告知で最近妻夫木聡さんをよく …

ドラマオリエント急行殺人事件で二宮和也演じる幕内平太は犯人か?

こんにちは、若竹です。 2015年1月の2夜連続SPドラマ「オリエント急行殺人事 …

漫画「累(かさね)」のあらすじとネタバレ!最終回の結末は?

こんにちは、若竹です。 松浦だるま「累(かさね)」の映画化が発表されましたね! …

ラーメンズ片桐仁の嫁片桐友紀(村山ゆき)って何者?息子太郎君も動画で!

こんにちは、若竹です。 ラーメンズとしての活動以外にも、俳優や芸術家といったステ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA