わかたけトピックス

気になる話題をチェック!ドラマ・映画・漫画・小説のあらすじネタバレなど

*

漫画「奥田民生になりたいボーイ」のネタバレと感想!衝撃の結末!

   

こんにちは、若竹です。

漫画「奥田民生になりたいボーイ出会う男すべて狂わせるガール」が映画化!

『主演=妻夫木聡、ヒロイン=水原希子、監督=大根仁』という豪華キャスト&制作陣が早くも話題になっています。

正直「SPA!」で連載されていた原作漫画をご存じない方が大多数だと思いますし、漫画は「ヘタウマ」な感じで絵がきれいというわけではありません。

しかし、映画「奥田民生になりたいボーイ」はそんなこととは関係なくめちゃくちゃ面白そう!

奥田民生の楽曲が贅沢に使われた予告から、それがビンビン伝わってきます。

映画「奥田民生になりたいボーイ(以下略)」は『第二のモテキ(大根仁監督作品)』になりそうな予感!

というわけで今回は映画原作となる漫画「奥田民生になりたいボーイ」のあらすじ・ネタバレ・感想など!

男を狂わせるガールが招いた衝撃の結末とは!?

 

スポンサードリンク

 

1.「奥田民生になりたいボーイ」のあらすじ

コーロキ・ユウジ(35)は雑誌の編集者。

家電雑誌からライフスタイル雑誌「マレ」に異動してきたユウジは、ハイレベルなオシャレ会話が飛び交う編集部に戸惑いつつ、立派な雑誌をつくろうと改めて決意する。

目指すは奥田民生!(のような編集者)

15歳の頃から「奥田民生のようになりたい!」と尊敬し続けてきた民生のように、自然体でカッコいい大人になるのだ!

 

そんなユウジの前に、運命の女性が現れた。

女性ブランドのプレスとして働く彼女の名前は、天海あかり。

仕事で知り合ったあかりに一目ぼれしたユウジは、ちゃっかりあかりと食事へ。

「実は…彼氏がDVなんです…」

「いつもいつも『男好きだ』とか『男を誘惑する目をしてる』とか言ってきて…私、そんな気ないのに…」

「私怖くて…何も言えなくて…いつも泣いてて…」

あかりの話を聞くうちに、ユウジの心に火がついた。

「その彼氏が許せない!悔しい!…オレなら絶対に…!」

「オレとつきあってください…!突然で失礼かもですけど、オレはあなたを…すべてから守りたい…!」

結果はOK。

その晩、ユウジはあかりを抱いた。

BGMは奥田民生「ハネムーン」

(ウソみてぇ…天海さんがオレの腕の中にいる…。可愛すぎるよ!幸せだ~!)

 

ユウジはまだ知らない。

あかりが「出会う男すべて狂わせるガール」であることを…。

 

★登場人物

・コーロキ・ユウジ…奥田民生に憧れる編集者。

・天海あかり…アパレルブランドの美人プレス

・編集長(映画では木下)…「マレ」編集長。ユウジが尊敬する立派な編集者。

・ヨジズミ…「マレ」の先輩編集者。

 

スポンサードリンク

 

2.「奥田民生になりたいボーイ」のネタバレ

あかりと付き合いだしたことをヨシズミに報告すると、態度一変!

実はヨシズミはあかりの元カレだった。

あかりにフラれたことにショックを受けたヨシズミは、有休をとりしばらく仕事を休むことに…。

ユウジ(気まずいのはしょうがねえ…!悪いのはヨシズミさんなんだから…!)

 

ところが、ユウジとあかりの関係も順調には進まない。

「あかりに連絡がつかない」と不安になったり、連絡がついた途端に怒鳴ったら「あたし怒るヒト嫌い!次やったら嫌いになると思う」と言われて落ち込んだり…。

主導権をあかりに握られっぱなしのユウジは、いつしか「あかりに嫌われたくない」という一点ばかりをオドオドと気にするようになっていく。

 

仕事であかりを撮ったベテランカメラマンは、あかりをこう評した。

「あの娘は手ぇ出したらマズイな…アレはヤバいタイプですよぉ~」

「さみしくてさみしくてしょうがないって顔でこっちを見て…男をボロボロにしちゃうタイプだなアレは。長年オンナ撮ってるとわかるんですよ」

「魔性系ってヤツ?気をつけた方がイイっスよぉ~(笑)」

カメラマンの言葉にむしゃくしゃしたユウジだったが、編集長の「いい雑誌をつくろう」という信念を目の当たりにして気持ちを入れ替えた。

「スゲーよ、あのヒト!編集長と話してるとメチャクチャやる気が出るんだ!」

 

仕事に熱を入れるユウジ。

ところが、〆切を過ぎても担当のコラムが届かない!

最後の最後まで粘って何とか間に合わせたが、新幹線に間に合わず、あかりと約束していた大阪旅行はパーに。

(ヤバい!ヤバイ!ヤバイ!)

あかりに電話して、弁明するユウジだったが…

「あ~、そういう言い訳してほしいんじゃないから」

「でも!オレ、あかりに会いたいんだよ!だから…」

「ハー、すっごい勝手だよね…。なんかコーロキさんのことどんどん嫌いになってく」

「別れよ?もう…やっぱり合わないよ。私たち」

ユウジは、フラれてしまった。

 

スポンサードリンク

 

衝撃の結末

「あかりと別れたって?フツーの男にはあかりは手にあまる。早く忘れろ」

なぜか、ヨシズミはユウジがあかりにフラれたことを知っていた。

(どういうことだ…!?)

ユウジは、ヨシズミが自分とあかりのLINEを監視していたことに気づく。

(クッソ、あの野郎ォ~!)

ユウジはヨシズミを罠にかけることを決意。

自作自演であかりとの待ち合わせを演出し、ヨシズミを待ち合わせ場所におびき出すことにした。

 

(架空の)待ち合わせ当日。

そこに現れたのは、ヨシズミではなく編集長だった!

「そうかそうか…逆にひっかけたわけか…。ずっと見てたよ。コーロキとあーりんのやりとり」

編集長もまたあかりに惚れ込んだ人間の1人だった。

編集長はとつとつとあかりという人間について語る。

・愛知県の田舎で生まれ、もっと「私らしい場所」があると思っていたこと。

・芸能人を目指して活動していたが、イジメにあい不登校になったこと。

・名古屋のアパレル店でも揉めて東京に出てきたこと。

「あかりはいつも理解されずにいた。親でさえそうだった。味方は一人もいない…いつもひとりぼっちだ…」

「彼女は愛されたくて愛されたくてしょうがないんだ!目の前の人間すべて!愛を異常に求める!」

「私だけだ!私だけがそれを『理解』している!」

編集長はあかりと結婚していて、身も心も引き裂かれそうになりながらあかりの浮気を見逃していたのだという…。

 

ユウジが混乱していると、そこにヨシズミとあかりが現れた!

ヨシズミは編集長が呼び、あかりはヨシズミが呼び出したらしい。

ヨシズミとユウジが醜く言い争う中、見たこともない表情をしたあかりが口を開く。

「わたしは…『理解』なんていらない。そもそも他人が他人を『理解』できるなんて思えない。みんな『納得』したいだけ。『納得』できないからって怒ったり責めたりする。なんでみんなそんなに他人に干渉しようとするの…?」

「私は理解より妥協が欲しい。妥協するだけで人間関係なんてたいしたことじゃなくなるのに…」

あかりは滝のように涙を流しながら言った。

「わかんないでしょ?イヤでしょ!?でも…私はそうやって生きてきたの…それは変えられない…!」

「だからもう…みなさんとは…会いません」

 

スポンサードリンク

 

混乱する頭で、ユウジはあかりに一つだけ質問をする。

「教えてよ…編集長と…結婚してたの…?」

「してない。みんな…勝手に私を悪い女みたいに…」

(編集長が嘘をついていた…?)

一方、ヨシズミはわけもわからず「オレ『妥協』する!」と宣言。

未練がましくあかりに取り入ろうとするが…

一閃!

編集長が手にした包丁でヨシズミの顔面を切りつけた!

「えっ?」訳も分からず倒れるヨシズミ。

「あーりん、私は妥協してきた。妥協というのはお互いがするものだ。あーりんはいつも自分を被害者のように言うね。もう何回それを繰り返してきただろうね」

編集長は狂気に満ちた笑顔であかりに近づく。

「本当の被害者って誰だろう?ボクらのこの苦しみを…解放しよう。…ね?」

あかりの頭を鷲掴みにして、包丁を振りかぶる。

「愛してるよ、あーりん」

 

「あかり…逃げろ!」

間一髪で編集長を羽交い絞めにしてあかりを逃がすユウジ。

しかし、すぐに振りほどかれて編集長はあかりを追う。ユウジも2人を追う。

あかりが逃げ込んだ書店の中、あんなに真摯に雑誌作りについて語っていた編集長は本を乱暴に散らかしながら、あかりを追い詰めていく。

バキィィ!

ユウジが編集長の顔面を殴り…警察によって編集長は取り押さえられた。

尊敬していた編集長の醜態に傷つくユウジ。

あかりを見やると、一目散に逃げていった。

(なんて顔すんだよ…)

 

スポンサードリンク

 

最終回

編集長は逮捕された。

編集長は3年前に前妻と離婚し、その前後であかりと出会っていたらしい。

あかりとの結婚の事実はない。

あかりの「友人」と名乗る人の証言が週刊誌に掲載された。

「彼女は魅力的なぶん、どうしても変な男が寄ってくるんです。会ったこともない男が恋人面して怒ってくることもしょっちゅうで、特に『マレ』編集部の人たちはみんな恋人のように振る舞ってきて困ると悩みを打ち明けられたこともありました。でも仕事は一生懸命で毅然としていて立派な女性です。だから余計に『マレ』の人たちは許せません」

編集長の言い分。

ヨシズミさんの言い分。

あかりの言い分。

何が真実だったのか?

わからない…だが「そういうことになった」という事実だけが永遠に語られるのだろう。

 

3年後

コーロキ・ユウジは売れっ子のフリー編集者「案野丈」として成功を収めていた。

すっかり仕事のデキる男のイメージ。あの頃のユウジの面影はない。

 

ユウジは心中で語る。

結局、奥田民生のようになれたのかと言ったら、答えはNOだ。

だが、今のオレは人から自分の思うがままやりたいことをやってひょうひょうと生きているように「見えている」だろう。

民生がした「ラクに活動するための努力」を、オレはオレの見せ方で、もっと意識的にエゲつないほどやった。

自分にウソをつくわけじゃない。「わかってもらおう」と思わずに「こう言えば相手はこう感じるだろう」という意識で話しているだけだ。

そうしていれば相手はどんどんイメージを作っていく。

「納得」する形の人間にハメこんでくれる。

自分を無理して変える必要はない。相手の受ける印象を変えればいい。

その方が人生はラクだ。

 

ふと見やった立ち食い蕎麦屋。

「マレ」編集部に異動してきたばかりのころの…「民生になりたい!」と思っていた頃のユウジの幻影が見える。

それを見てユウジは、まるで何かに耐えているような表情を浮かべた。

1人、夜の街を歩く。

BGMは奥田民生「たったった」

<奥田民生になりたいボーイ出会う男すべて狂わせるガール・完>

 

スポンサードリンク

 

3.「奥田民生になりたいボーイ」の感想と補足

まずは、補足から。

『その後、あかりはどう過ごしているのか?』という点について。

最終回からは(明言はされていないものの)あかりの消息を伺うことができます。

それによれば

1.あかりはカメラマン(「魔性系ってヤツ?」といってた人)も狂わせていた。カメラマンは常滑(あかりの地元)に家を買った後に離婚している。

2.3年後の世界。あかりは超イケメンハリウッド俳優を狂わせている。以下、本文より抜粋「この来日回数の多さはある日本人女性の存在が理由との噂で、調査によると某アパレルブランドにお勤めの一般女性。アトキンスさんの方がメロメロのようで、私財をなげうっても一緒になりたいと思うアピールを…」

3.漫画が終わり、あとがきも終わった後の1ページ。相手は不明ですが、あかりはベッドで男と一緒にいます。「あかり…寝たのか?」「ううん、起きてる。わたし…とっても幸せよ」

最後の1ページ、あかりがまた誰かを狂わせているのか、それともついに本当の幸せを手に入れたのか…真相は不明です。

※個人的にはやっぱり狂わせているのだと思いました。

 

★感想

「あーいるいる、こういう女!」

俗にサークルクラッシャーとかオタサーの姫とか言われる存在。

悲劇のヒロインを装いつつ、関係する男たちとその周囲をメチャクチャにしては「自分は被害者だ」という顔で泣いて、また新しい男に守られて…の繰りかえし。

さすがにあかりほど酷い例ではないですが、私にも「ああ、あの人のパターンね」と思い当たる知人がいます。

また「あるある」なのは、ユウジ(たち)も同じ。

客観的に見れば手のひらで踊らされているだけなのに「自分しか彼女を守れない!」とナイト精神を発揮して、どんどん相手に執着していくタイプ。

35歳というリアルな年齢も手伝い、見ているこっちとしては「イタタタタ…」という感じですね。

出来事だけ見れば、「奥田民生になりたいボーイ」はちょっと過激に発展してしまったものの「よく見られる愛憎劇」だっと言えるでしょう。

ただ、実はこの漫画のテーマはもうちょっと深いところにありそうです。

 

スポンサードリンク

 

以下は、作者・渋谷直角さんがあとがきに書いている文章の一部。

奥田民生さんのことを考えていて「のんびりした人に見えるが、『見える』のと『実際』は違うかも」などと感じていたことが脳内でいろいろ合体して「見る・見られる・思う・思われる」みたいなテーマがグルグルするマンガを描いてみたいな、と思った

最初「奥田民生になりたい!」と思っていたユウジは、実際の奥田民生ではなく「イメージとしての(演出された)奥田民生」に憧れていたのですが、そのことには気づいていません。

同じく、作中の男どもはあかりのことを見ているようで、誰も「本質としての(演出されていない)天海あかり」を見ていませんでした。

あかりにとっては、おそらくそれがコンプレックスで、だからこそ(無自覚に?)男たちを求めて、狂わせてしまっていたのでしょう。

本心がどこにあるか分かりづらいあかりですが、クライマックスで涙ながらに訴えた「理解と納得と妥協」の話だけは、本音だったのではないかと思います。

深く考えるとちょっと混乱してしまいそうになりますが、要するに「人と人とのつきあい方。距離感。関係性」というのが、この漫画の大きなテーマだったのではないかと思います。

 

とはいえ、率直な感想としては「うわ、なにこの女、引くわー…」というのが素直なところ(笑)

また、最も狂っちゃった編集長のサイコパスっぷりにも当然ながらドン引き!

もはや恋愛とも言えない男たちの執着っぷりと、あかりの罪深さ(卑怯さ)を見せつけられて、まるで人間の醜い部分を「どうだ食らえ!」と投げつけられているような気分でした。

「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」ではないですが、ヤバい相手に深入りすると、自分まで狂ってしまうかもしれない…。

ある種「異性を見る目を鍛えよう」と反面教師的に思わされる一冊でした。

 

あと、最後に一つだけ。

3年後、ユウジが編集者として成功していたのは嬉しかったのですが「何か大切なものを失った」という感じのあの表情は切なかったですね…。

35歳だったユウジが「大人になった」というのもちょっと変な感じですが、無邪気さにも近い「何か」を失ってユウジは大人になったんだな…と感じた結末でした。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

漫画「奥田民生になりたいボーイ出会う男すべて狂わせるガール」が映画化!

今回は原作漫画のあらすじ・ネタバレ・感想などをお届けしました!

さて、ここで改めて映画版のキャストを見てみましょう!

ユウジ…妻夫木聡
あかり…水原希子
ヨシズミ…新井浩文
木下(編集長)…松尾スズキ

主演・ヒロインの2人だけではなく、脇を固めるキャストも豪華ですよね!

※他には安藤サクラさんやリリー・フランキーさんも出演

そして、なんといってもキャラのイメージにぴったりなところがすごい!

女性に振り回される妻夫木さんや、尊敬できる上司でありサイコパス野郎でもある松尾スズキさん…簡単に想像できるほど絶妙な配役だと思います!

でも、中でも一番キャラのイメージにピッタリなのはやっぱり水原希子さん!

男を振り回す超美人の「魔性の女」…もう水原希子さんしかいないでしょ!って感じですよね(失礼)

狂わされて狂わされて、結末では衝撃的な事件にまで発展するドロドロの恋模様!

映画「奥田民生になりたいボーイ出会う男すべて狂わせるガール」は9月16日公開です!

『大根仁監督 × 豪華キャスト × 奥田民生楽曲』の組み合わせが一体どんな化学反応を起こすのか楽しみです!

スポンサードリンク

 - エンタメ

  関連記事

明石家さんまがついに還暦に!芸能界引退説や推定年収の噂は?

こんにちは、若竹です。 お笑い怪獣こと明石家さんまさんがいよいよ還暦を迎えます! …

永山絢斗は彼女の森カンナと熱愛同棲中!出会いは吉高由里子の紹介?

こんにちは、若竹です。 またしても美男美女の熱愛交際がフライデーされました! 今 …

熱愛?上野樹里イケメン歴:玉木宏→松本潤→生田斗真(ウロボロス)!

こんにちは、若竹です。 生田斗真&小栗旬のWイケメン主演ということで注目の201 …

思い出のマーニーの声優キャストが豪華すぎる!NACS出演はどこ?

こんにちは、若竹です。 今回はジブリ映画「思い出のマーニー」の声優キャストについ …

三谷幸喜映画「ギャラクシー街道」のキャスト・あらすじ・公開日は?

こんにちは、若竹です。 「清須会議」(2013)に続く三谷幸喜監督の新作映画作品 …

映画「後妻業の女」のネタバレ!高齢者の資産を狙う悪女の結末は?

こんにちは、若竹です。 黒川博行「後妻業」が実写映画化! 「後妻業の女」として8 …

コナンカフェの場所やメニューは?渋谷タワレコカフェに続き大阪にもオープン!

こんにちは、若竹です。 新たにコナンカフェが期間限定オープンすることが発表されま …

「一礼してキス」のあらすじとネタバレ!最終回と後日談の内容は?

こんにちは、若竹です。 漫画「一礼してキス」が実写映画化! 2017年秋に公開さ …

堤真一が嫁と離婚の危機?念願の結婚後には子供もできたのになぜ?

こんにちは、若竹です。 最近、堤真一さんをテレビでよく見かけます。映画「神様はバ …

映画「ちょっと今から仕事やめてくる」あらすじとネタバレ!感想は?

こんにちは、若竹です。 人気小説「ちょっと今から仕事やめてくる」が映画化! 福士 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


cropped-tesu-1.png