わかたけトピックス

気になる話題をチェック!ドラマ・映画・漫画・小説のあらすじネタバレなど

*

海月姫の漫画家東村アキコがナタリーに苦言!ブログ記事が拡散され話題に

      2015/01/21

こんにちは、若竹です。

もうすぐ公開の映画「海月姫」でもお馴染みの女性漫画家である東村アキコ先生が更新したブログ記事がツイッター上で拡散され話題となっています。

話題となっている東村アキコ先生のブログ記事

私個人が東村アキコ先生の意見やナタリー側の対応についてとやかく言う筋合いはもちろんないのですが、非常に考えさせられる文章だったので感想というか個人的な反響という意味で記事を書いてみようと思います。

スポンサードリンク

 

東村アキコ先生の苦言

事の発端は、東村アキコ先生が「ナタリー×バイト情報誌anのコラボ企画」として受けたインタビュー。

そのときの記事がコチラ

第一に東村アキコ先生が気になったのは以下の点です。

・該当記事がツイッター上で宣伝される際に「(記事本文のみで使われると思っていた)東村アキコ先生の画像が使われていた」

・東村アキコ先生の画像が該当ページ内でポスターのように(=広告塔のように)扱われていたこと

 

その後、東村アキコ先生がこの点について調べてみたところ以下のことが発覚しました

・東村アキコ先生は(知らない間に)anの広告塔(=宣伝キャラクター)という立場になっていた

・その兼ね合いで、anからナタリーに金銭が支払われていた(内10万円は謝礼として東村アキコ先生に渡ったものの、返金予定)

 

この点についてコラボ企画を打診してきたナタリー側からはなんの説明もなかったと東村アキコ先生は主張しています。

一方のナタリー側は「承知していると思っていた」という立場を主張。

東村アキコ先生は「業界・常識の違いだとは思うけどおかしくないか?」とうことでナタリーに苦言を呈するに至りました。

 

さらに、この企画に関しては以下の情報が追加で発覚しています(東村アキコ先生からナタリー側への質問&回答)

・anからナタリーに支払われた金額は50万円(経費含む)

・東村アキコ先生にオファーが来た理由は、ナタリーがan側に提案した結果

 

特に東村アキコ先生が焦点としているのは2つ目の点です。

東村アキコ先生は「かくかくしかじか(自伝エッセイマンガ)の宣伝」としてオファーを受けたと主張し、「anの広告塔になること」「ナタリー側が自分のインタビューで収入を得ること」については事前説明がなかったことに遺憾の意を示しています。

スポンサードリンク

 

ごくごく個人的な感想

別にナタリー側が悪いとか、東村アキコ先生が可哀そうとかいうつもりはないんです(先生のファンではありますが)

東村アキコ先生自身も「ファンというより編集者の方に見てほしい」と綴っています。

 

ただ、ごくごく個人的な意見を隅っこの方でつぶやくぶんにはいいかな、と。

東村アキコ先生も言及しているように根本は「立場の違いからくる認識の違い」だろうと思います。

漫画家「広告塔になったら広告主をちょこっとも一生涯ディスれない!というか企業(ナタリー)が漫画家を動員して収入を得るって何?」

企業「企画内容を説明した段階で広告塔になる・企画元に収入が入ることは伝えているも同然。漫画家には収入の一部を謝礼として支払うのでwin-winの関係」

ということかと。繰り返しますが、ナタリーが悪いって言っているわけではないんですよ?

 

ただ、この問題に責任を負うべき立場にあるのは「ナタリー」側なのは明白。

「オファーしている側」ですからね。

またポータルサイトという立ち位置にある以上、漫画家・コミックを扱って利益を出そうとするならば、相手(漫画家)の事情について理解しておくべきはナタリー側のはず。それが本業だからです。

逆に漫画家サイドの本業は漫画を描くこと。漫画家サイドに企業の常識を求めるのは本筋ではないように思えます。

そう考えると個人的には「ナタリー側にもう少し配慮があってもよかったのかな」というのが率直な意見です(あくまで個人的な意見ですのであしからず)

 

まとめ

というか、こういうことってどこの業界・仕事でも起こっていると思うんですよ。

「それが悪い!」と断ずるのではなくて、発覚した以上は今後同様のミスをなくそうという動きが大事ですよね。

今回拡散された東村アキコ先生の疑問がコミック業界をよりよいものにしていって欲しいものです。

 

余談ですが、ツイッター上では「東村アキコ先生ってこんなにカワイイの!?」という驚きの声も少なくありません。私もそう思いました(笑)

スポンサードリンク

 - 未分類

  関連記事

藤原ここあ先生が病気で早逝 手がけた作品や急逝の理由とは?

こんにちは、若竹です。 「漫画家の藤原ここあ先生が31歳という若さで急逝」 突然 …

支持政党なしの政策や代表の佐野秀光が意外と面白い!だが汚い!

こんにちは、若竹です。 「支持政党なし」という政治団体(政党)が存在していて、「 …

ドラマ「母さん、俺は大丈夫」の結末は?実話の原作からネタバレ!

こんにちは、若竹です。 今年も24時間テレビの季節が近づいてきましたね。 201 …

ワンピース赤犬・千と千尋やおおかみこどもの声優も…菅原文太ゆく

こんにちは、若竹です。 高倉健さんに続いて菅原文太さんまで・・・。 あまりにも喪 …

菅原文太と高倉健の共演作品は?文兄の追悼番組や最後の映画について

こんにちは、若竹です。 先日の高倉健さんに続いて、まさかの菅原文太(すがわら ぶ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


cropped-tesu-1.png