青春・少女漫画系

【完結】漫画「orange」のネタバレ!最終回の結末は?【映画原作】

ぱんだ
ぱんだ
ようこそ!

今回は映画化もされた漫画「orange」のネタバレをお届けします!

最終回の結末は?

 

あらすじ

舞台は長野県松本市。

ヒロインの高宮菜穂(たかみや なほ)は高校2年生に進級したばかりの16歳。

始業式の日、東京からの転校生・成瀬翔(なるせ かける)がクラスに転入してきた。

驚く菜穂。

翔が転校してくることは、菜穂に送られてきた「10年後の自分からの手紙」に書いてあった事柄だった。

手紙はこう続く。

「10年後の今、翔はもういない。指示するように行動して未来を変えてほしい」

手紙の予言通りに、翔のことを好きになる菜穂。

いつも積極的になれない菜穂だったが、未来を変えるために行動することを決意する。

ネタバレ

翔の未来

ヒロイン・菜穂に送られてくる手紙の最終目標は「翔を助けること」

実は、翔は17歳の冬に事故で命を失ってしまうのです。

助けられたはずの事故。翔を救えなかったことを10年後の菜穂は後悔していました。

そして、物語が進むにつれて新たな事実が明らかになります。

「実は、翔は自ら命を捨てたのかもしれない…。」

だから10年後の菜穂は、単に事故当日の翔を助けるだけではなく、出会った日からの行動を変えて翔の心に触れようとしていたんですね。

 

10年後の菜穂たち

「orange」のメインとなる登場人物は菜穂・翔の他にもう4人。

須和弘人・村坂あずさ・茅野貴子・萩田朔。

菜穂たちは仲良しのクラスメイトで、翔が来てからは6人で遊ぶようになりました。

 

翔がいない10年後の未来。

菜穂は須和弘人と結婚し、1児の母親となっていました。

もともと須和弘人は菜穂のことが好きだったので、順当な未来ともいえます。

一見幸せそうな家庭ですが、菜穂は10年前からの後悔をずっと抱えていたんですね。

 

そして、翔のことを忘れられないのは菜穂だけではありませんでした。

自分1人の力に限界を感じていた16歳の菜穂は、須和弘人に手紙のことを打ち明けます。

すると弘人は「手紙、届いた?」と返し、自分にも10年後の弘人から手紙が来ていることを明かしたのでした。

最終的には、仲良しグループの全員が未来からの手紙を受け取っていることが明らかになり5人は協力して未来を変えようと決意します。

 

SF要素

少女漫画にSF要素を加えた「orange」

作中では「タイムパラドックス」が起こっていると解釈されます。

つまり、菜穂が手紙の指示通り未来を変えた時点で、「10年後の未来世界」にはつながらない「別の並行世界」に分岐しているという設定なのです。

よって、いくら16歳菜穂が未来を変えても「翔を失った世界」が消えるわけではなく、10年後の菜穂の後悔もなくなりません。

※16歳菜穂はこのことに心を痛めます。

 

なお、物語の途中から手紙の内容と現実に起こることがズレてくるのですが、これは別の時間軸に移動しているため。

菜穂たちは、徐々に手紙ではなく「自分たちの力」で未来を変えていこうとしていきます。

 

漫画4巻

なんと未来を変えた結果、菜穂と翔の思いが通じて晴れて2人は付き合うようになったのです!

年末の時期。クリスマスは2人きりで過ごす菜穂と翔。

大晦日は年越しのお祭りに仲良しグループみんなで行く予定です。

10年後から送られてくる手紙によれば、このお祭りの日に菜穂と翔は大喧嘩して距離が離れてしまったそう。

※それを慰めた須和と菜穂が付き合うことになって結婚まで。手紙でそれを知った須和はお祭りに行かないことを決意。

果たして、菜穂と翔は訪れるピンチを回避することができるのか!?

そして、翔は17歳冬の事故を回避できるのか!?

というか、未来から手紙が来るのってなんで!?

最終巻(5巻)

もう一つの未来では菜穂と翔が気まずくなってしまった大晦日。

最悪の未来を回避するために翔とケンカしないように注意する菜穂だったが、やはり2人の仲は遠ざかってしまう。

翔「もう…話したくない」

翔「これ以上近寄らないで」

菜穂(やっぱり未来は変えられないの…?)

菜穂が呆然としていると、お祭りに来ないはずだった須和が現れる。

もう一つの未来では、ここで須和が菜穂を慰めて、そのまま結婚する道へ。

それを知っていたからこそ、須和はお祭りに来ないはずだったのだが…?

菜穂を抱きしめる須和

須和「嫌われても大丈夫。その時は俺がまた翔を菜穂のところまで連れてくるから」

須和「だから菜穂、怖がってないでもっと前に進んでみろよ」

菜穂は諦めかけていた気持ちを取り戻す。

 

そして、年が明けた。

翔との仲に不安を感じる菜穂だったが、翔に大晦日のことを謝ると「俺の方こそごめん」という翔の返事。

しかし、菜穂はどこか翔の様子が違うことを感じていた。

(避けられている?)

それでも菜穂は未来を変えるため、翔を失わないために勇気を出してぶつかっていく。

もう一つの未来では渡せなかったバレンタインチョコを渡すために、翔を探し回って追いかける!

そしてついに翔に追いついた菜穂は未来の自分から受け取った手紙の内容をそのまま伝える。

「翔と前のように話せなくなった今がつらい。傷つくことでも何だっていい。ケンカしてもいいから翔と話したい。私のせいでごめん。ごめんね翔」

その言葉を聞いてもなお自分を責める翔。

そんな翔に菜穂は「付き合いたい!」と自分自身の素直な気持ちを告げる。

ついに気持ちが通じ合う菜穂と翔。

菜穂「翔は私が幸せにする 翔が生きていてくれたら私はそれだけでいい 一緒に生きよう」

翔「…うん」

そして、ついにもう一つの未来では翔がこの世からいなくなった「運命の日」へ…。

 

 

最終回

未来からくる手紙の内容は完全な予知じゃない。

今の現実が変わっていけば、それだけ実際に起こる出来事は手紙の内容とズレる。

もう一つの世界で翔がいなくなった日。

今の世界では手紙の内容とは全然違う出来事が続く。

手紙にはなかったのに、菜穂と翔は一緒にお弁当を食べることに。

その時、翔が笑って菜穂に「好きだよ」と言ってくれたりした。

(大丈夫、最悪の未来は回避できる)

その日の放課後、翔は祖母の病院に行くためみんなとは一緒に帰らなかった。

何となく不安な菜穂たちは(未来の)事故現場に行くことに。

…20時を過ぎても翔は現れない。

翔の家を訪ねた菜穂たちは、翔が急に出ていったと祖母から聞いて驚愕する。

(翔!)

手分けして翔を探していると、菜穂と須和がふらついている翔を発見する。

翔はどこか呆然としたまま車道へ。

そこへ、トラックが迫ってくる。

キィーーーー!

道端に倒れた翔に駆け寄る菜穂と須和。

菜穂は泣きながら後悔する。

(やっぱり未来は変えられなかった!もっと私がちゃんとしていれば…!)

 

須和「翔!! オイ! 大丈夫か!?」

翔は生きていた。

手紙と同じようにこの世を去ろうとした翔だったが、寸前で「怖くなった」から助かった。

きっと、菜穂たちが頑張った日々は無駄じゃなかったんだ。

翔を変えることができていたんだ。

菜穂たちは翔に手紙のことを打ち明ける。

菜穂「みんな翔を失ってすごく後悔してる。10年経ってもきっと一生消えない」

 

翔は自分のせいで母親が命を捨てた責任を取るために、同じように命を捨てようとした。

でも、もう翔は大丈夫だ。

菜穂が、須和が、みんながいるから。

翔「友達になってくれて、ありがとう」

菜穂(どうかこのまま未来が変わりませんように)

(ずっとずっと、翔が笑顔でいられる未来が続きますように)

 

数日後、みんなで10年後の自分たちに向けて手紙を書き、タイムカプセルに入れている。

翔の手紙にはこう書かれていた。

「菜穂と結婚、できていますか?ちゃんと毎日、生きていますか?」

そして最後に、翔はみんなに向かって言う。

『俺生きててよかった 俺を助けてくれてありがとう』

未来は変わった。

これからは新しい未来が始まっていく。

<orange・完>

 

まとめと感想

漫画「orange」完結!

最後まで「やっぱり翔は助からないのか!?」とひやひやする展開でしたが、ネタバレの通りこれ以上ないほどのハッピーエンドでよかった!

最終回ではここ最近ずっとネガティブだった翔が、心の底から幸せそうでなによりでした!



U-NEXT の韓流ドラマがアツい!

>>U-NEXT だけの独占見放題!<<

太陽の末裔

軍人と女医が紛争地帯で繰り広げる恋の行方。大きな話題を呼んだ大ヒットドラマ


いますぐチェック



サム、マイウェイ

アラサー男女のじれったい恋模様とリアルな現実を描くラブコメディ


いますぐチェック!

A-TEEN

韓国で累計再生回数2億回を記録したwebドラマとして話題に

18歳ならではの悩み、恋や友情に揺れ動く高校生たちを描いた韓流青春ドラマ


いますぐチェック

>>見放題動画は充実の190,000本!<<

今すぐ無料体験する
※31日間のお試し期間中に解約すれば支払いはゼロ円!




※配信情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

【特集】動画配信サービス比較


今すぐ無料体験を楽しめる動画配信サービスをまとめました!

\エンタメで毎日をもっと楽しく!/

特集記事を読む


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA