切ない・泣ける

「二度めの夏、二度と会えない君」のネタバレ感想と解説!映画化決定!

ぱんだ
ぱんだ
ようこそ!

ライトノベル「二度めの夏、二度と会えない君」が実写映画化!

というわけで、さっそく原作小説を買って読んでみました。

※結末までのあらすじはこちら↓

関連記事:映画「二度めの夏、二度と会えない君」あらすじとネタバレ!結末は?

あらすじ記事が長くなりすぎて感想や解説を入れる余地がなかったので、今回はその補完として「二度めの夏、二度と会えない君」のお伝えできなかった部分についてチェックしていこうと思います!

 

 

「二度めの夏、二度と会えない君」感想と解説

まずは、作品の謎や疑問点についての解説から!

※以下、ネタバレ注意!

 

なぜタイムリープが起こったのか?

「二度めの夏、二度と会えない君」はタイムリープが発生するSF作品です。

とはいえ、誰が何のために、どうやってタイムリープを起こしたのかは最後まで不明のまま

「二度めの夏、二度と会えない君」の主眼は主人公の『成長』にあるので、不思議現象の理由説明などは重要ではないということなのでしょう。

 

燐の本心はどこにあったのか?

一度目の告白では激しく智を拒絶した燐。

しかし、2周目では会長に嫉妬したりと、あきらかな好意を智に向けています。

…というか、はた目には燐と智が相思相愛なのはどうみても明らか。

では、燐はなぜ智の告白を拒否したのでしょうか?

そして、燐からの最後の手紙に会った「あたしも智君と同じ気持ちだった」という言葉の意味は?

 

まず、明確な答えとして燐は智のことが異性として好きでした。

でも、燐はもう自分に余命が残されていないことを最初から知っています。

未来がない恋をしたところで、自分も相手も傷つけるだけ。

だから燐は「好き」という気持ちを伝えないまま、最後まで親しい友人として智と一緒にいることを選んだのです。

それなのに、もう本当に未来がない病室の場面になっての智からの告白。

燐にはきっと嬉しい気持ちもあったでしょうが、それ以上に「好きな人をふらなければいけない苦しみ」を味わうことになってしまいました。

だから燐は1度目の病室で智の告白を手厳しく非難したんですね。

 

そして2周目。

智は最後まで燐に「好き」という気持ちを伝えませんでした。

しかし、燐には途中で両思いであることが察せられたのでしょう。

だからこその「同じ気持ちだったよ」

これはただ単に「私も智君のことが好きだった」という意味ではありません。

智が「燐のために好きを伝えなかった」ように、燐もまた「智のために好き伝えなかった」ということでしょう。

そして、そのために2人とも「自分の本当の気持ちを隠さなければならず辛かった」という気持ちも。

 

2人とも相手のことが心から好きなのに、相手のためにそれを伝えることができない。

「二度めの夏、二度と会えない君」の切なさの構造はこの部分にこそあると思います。

 

 

誰の物語だったのか?

主人公がタイムリープまでするのに、結局ヒロインである燐は助からないまま。

普通なら、とても悲劇的なストーリーということになるのでしょう。

しかし、これは主人公・智の物語。

仮にタイムリープが起きなければ智は『燐の喪失→ずっと希望を失ったまま生きていく』というルートを進むはずでした。

ところが、タイムリープが起きたことによって、智はいろいろなことに気づき、成長します。

そして、燐の最後のお願いである「バンド、続けて。前を向いて頑張って」という言葉の受け取り方が変わります。

「そんなこと、無理だ」から「バンド、やろう!」へ。

 

こうして智はオンチを克服してギターボーカルとなり、約束通り「Primember」は大活躍。

智の物語としては、もちろんハッピーエンドとはいえないまでも、希望の残る結末となりました。

 

「二度めの夏、二度と会えない君」は智の物語だったと言えるでしょう。

 

 

時系列

・燐、小学校に上がる前に心臓に異常が見つかる。心臓移植を待ちつつ入院生活を送ることに。

・燐、高校3年生にして心臓移植成功。しかし、転入手続きの最中に新たな異常が見つかる。燐は長く生きられないと覚悟して高校に行くことを決意。

・6月末、燐と智が出会う。

・10月。文化祭成功。燐が倒れ、入院する。そのまま、この世から去る。

・12月。智は2カ月間引きこもりのまま。タイムリープを経験し、再び戻ってくる。バンド活動を続けることを決意。

 

 

店長とアニマートアニマート

燐と智を結びつけたのは、「Animato animato(アニマートアニマート)」というバンドの存在でした。

6月末の土手で、智がアニマートの曲をギターで演奏し、燐がアニマートの歌を歌っていたからこそ2人は出逢えたんです。

そして、燐の夢はアニマートの出身校である北高で、自分たちもライブをすることでした。

あらすじネタバレの記事では省きましたが、「二度めの夏、二度と会えない君」においてはこの「アニマート」というバンドの存在が非常に重要です。

※アニマート…過去の北高生が結成したバンドで非常に人気を博したものの突然解散。正体は不明。

 

そして、同じく作中の重要人物として「店長」こと榎本優の存在は欠かせません。

店長は燐たちを手助けしてくれる楽器店の主で、何かと音楽業界にコネを持っている謎の人物。

そして、何を隠そうこの店長こそ「アニマート」のメンバーだったことが作品の「エピローグ」で明かされています。

しかも、なんと店長は智と同じく「タイムリープ」の経験者。

智たちとは逆で両想いだったギターの男性を失い、タイムリープした過去があることもエピローグで明かされました。

ちなみに、北高のバンド禁止派急先鋒の教頭は、過去に店長の担任だったということもエピローグでネタばらしされています。

 

 

感想

基本的には読んでいて楽しい青春恋愛バンドものなんですが、そこに「確定された燐の喪失」と「タイムリープ」という要素が加わることによって「切なさ」も猛烈に押し寄せてくる。

感情の起伏が激しく、10代の男子高校生らしい主人公が魅力的な「二度めの夏、二度と会えない君」

読んでみての感想は大きく3つあります。

 

【とにかく切ない!】

もう会えないと思っていた一番好きな人がすぐそこにいる。

だけど、その人のために絶対に「好き」という気持ちを伝えてはいけない。

この状況だけでも十分に切ないのに、結末での燐からの手紙『智君と同じ気持ちだったよ』の意味が分かったときには鳥肌が立ちましたね。

両想いなのに、両思いだからこそ、最後までどちらも「好き」とは言わない。

そして、燐の思いを胸に主人公が前を向いて歩いていく。

燐のことを想った歌を歌いながら。

うん、切ない!

 

【ちょっと変わってるな…】

タイムリープというギミックを使っているのに、ヒロインが助からないまま。

普通なら「2度目の時間を使って燐を助ける」となりそうなところ、最初から「最後まで燐が笑って生きていけるように行動する」という指針をもって動く主人公は珍しいなと思いました。

そういうわけで、作中の心理描写も主人公の葛藤や苦悩に寄っていたりと、やっぱり切り口が斬新な感じ。

それでいて、読後感にはある種の爽やかさまであるのですから、一風変わった作品という印象です。

 

【映像化向き!】

個人的にはアニメ化がばっちりハマるだろうなと強く思いました。

作者はアニメ化も果たした「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」の赤城大空先生なのですが、「アニメ化も視野に入れた構成だったのかな?」と勘ぐりたくなるほどアニメっぽい!

もちろん映像化という点では実写映画化にも向いていると思うので、映画は「良い実写化作品」になると思います。

 

まとめ

実写映画化が発表された「二度めの夏、二度と会えない君」

今回はあらすじネタバレ記事の補完として、作品の解説や感想をチェックしていきました。

原作小説は300ページほどの作品ですが、するする読めるので「何か読もうかな」という時にはおススメです!

もちろん、村上虹郎さんを始めとしたフレッシュな若手が集う実写映画版も要注目!

映画「二度めの夏、二度と会えない君」は2017年秋公開です。


PR

無料で130日間も有料動画が見放題!
サービス名(通常月額)特徴無料期間
U-NEXT
(月額1990円)
圧倒的な動画見放題14万本!
・もらえるポイントで最新映画も見られる
・ダウンロードも可能
31日間

Paravi
(月額925円)
国内最大級のドラマアーカイブ数!
・独占ドラマ多数
・放送中ドラマの見逃し配信やスピンオフも見られる
30日間

FODプレミアム
(月額880円)
・フジテレビ公式の動画配信サービス
ドラマやバラエティー番組が充実
100誌の雑誌が読み放題
・動画本数3万本
・独占タイトル5000本
約30日

dアニメストア
(月額400円)
・月額料金が安い
アニメ作品数NO.1
・アニソンや声優コンテンツも充実
31日間

Hulu
(月額933円)
海外ドラマが充実
・オリジナルドラマも多数
・見放題作品5万本
2週間



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA