感動・ヒューマンドラマ

映画「岸辺の旅」のあらすじから結末までネタバレ!原作の物語全て

ぱんだ
ぱんだ
ようこそ!

この秋の注目映画といえば、カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門監督賞を受賞した作品「岸辺の旅」

「岸辺の旅」は湯本香樹実さんの原作小説を浅野忠信さん・深津絵里さんの主演で実写化した映画です。

主人公はとある夫婦。

3年前に失踪した夫が「幽霊(後述)」となって妻の前に現れる場面から物語はスタートします。

なかなか気になる設定…というわけで映画公開に先駆けて原作小説を読んでみました!

正直、好き嫌いの別れる作品だと思いますが、確かに「映像化に向いているな」とも思われます。

というわけで今回は、そんな映画「岸辺の旅」の内容をあらすじから結末までネタバレありでチェック!

 

映画「岸辺の旅」に注目!

まずは、あらすじから見ていきましょう。

 

妻・瑞希(みずき)の前から夫・優介がいなくなって3年が経つ。

ある夜、いきなり瑞希の前に優介が現れた。

「俺、しんだよ」

足もある、心臓も動く、ヒゲも髪も伸びる…目の前の夫はそれでもすでに「あちら側」の存在なのだという。

「俺の体は、海の底で蟹に食べられたんだ」

「幽霊」となった優介はそこから歩いて、旅をしながら帰ってきたのだという。

「じゃあ、いこうか」

優介は瑞希と一緒に「来た道をさかのぼる旅」に出ようと誘う。

「目的は?」と尋ねると、瑞希がこの3年間で書き溜めた「写経」を燃やすためだと優介は答えた。

 

ネタバレ1・島影さん

列車やバスを乗り継ぎ、時には歩いて進む旅が始まる。

それは不思議な旅だった。

方向感覚や時間の感覚は失われていき、海辺にいたかと思うと山間に着き、晩秋を過ぎたかと思えば初夏になっている。

安宿や民宿を渡り歩く中で、夫妻は「優介が来る旅の中で出会った人々」に再開することもあった。

そうした時は、そんな人々の元で働きながら一定期間を過ごすことになる。

2人が最初に出会ったのは、小さな町の新聞屋・島影さんだった。

優介は新聞屋のパソコン関係を整え、瑞希はチラシの折り込みを手伝う。

ある日、優介は「実は島影さんも『俺と同じ』なんだ」と言った。

ただし、島影さんにはその自覚がない。「幽霊」には個人差があるのだという。

そして2人が出ていく日の前日、夫妻と島影さんはささやかな宴会をすることに。

島影「どこかわからんが、行かなくてはならないところがあるような…」

寝てしまった島影さんを部屋に運ぶと、島影さんの部屋には趣味で集めていた「花」の写真の切り抜きが所狭しと貼り付けられていた。

瑞希は思った「きっとここで島影さんは息絶えたのだ」

 

ネタバレ2・神内夫妻

旅の途中、満月の夜になると優介は決まって水辺でぼうっとしていた。

「交信しているんだ。俺を食べた蟹と。義務なんだ」

その夜、瑞希は優介と同衾しようとしたが、断られてしまった。

 

旅を続けていると、夫妻は2人目の「知り合い」に出会う。

そして神内夫妻の営む町の中華料理店で2人は働くことになった。

優介は元歯科医だけあって手先が器用で、餃子を包むのが上手い。

瑞希は神内妻・フジエさんの持っていたピアノを弾くのが日課になる。

神内夫妻の昔話を聞きながら、瑞希は自分の過去や、優介との思い出を思い出していた。

 

ネタバレ3・朋子さん

「嫌になったり、帰りたくなったら、いつでもどこでもお経を燃やせばいい」と優介は言った。

ある日、何かを燃やしている瑞希を見て優介の表情はこわばる。

「お経じゃないよ。手紙、朋子さんからの」

優介は生前、職場の女性・朋子さんと不倫をしていた。

優介が失踪してから、瑞希は朋子と話をしたと言う。

「朋子さんは私が知らないあなたを見ていた。でも、あなたが気分の振れ幅が激しい性分で、たまに急激に落ち込むことは知らなかった」

生きている間には、2人ともお互いのことを全然知らなかったのだと気づく。

旅の中で、2人はそれぞれ新しい相手の一面を発見し、知らなかった過去について語り合う。

…それにしても優介は生前に比べてよく食べるようになった。

 

ネタバレ4・星谷家

2人は山奥の集落で、最後の「知り合い」に出会う。

星谷老人はタバコ畑の主で、星谷老人の家には、義娘の薫と、薫の息子である良太が一緒に暮らしていた。

優介はこの村では「先生」と呼ばれる。

優介は昼には星谷老人のタバコ畑で働き、夜には良太や近所の子供たちに勉強を教えていた。

ある日、瑞希は良太が川で溺れているのを発見し、助けようとして自らも川に飲まれてしまう。

幸い、良太も瑞希も一命を取り留めたが、この事件を機に星谷老人はいっきに老け込んでしまった。

星谷老人は語る。

「2年前に放蕩息子がしんだ。その後、薫は行方不明になったが、半年後に優介と一緒に帰ってきた」

瑞希は「薫も『あちら側の存在』なのではないか」と思う。

 

ネタバレ5・薫の亭主

「薫さんとどこで知り合ったの?」

優介は「薫さんが夫だった男と一緒にいるのを見た」と言う。

しかし、薫が行方不明になったのは夫が他界してからのはず…。

「俺と同じなのは薫さんじゃなくて、亭主の方。亭主はもう崩れかけていたのに女房を連れまわして…酷かった」

…。

優介と薫の亭主が川辺で話をしている。

男は言う。

「いつまでも2人で旅をしていたかった。でもダメみたいだ。最初は字が読めなくなる。そして体が透けていく」

「飯だけは食えよ。飯が食えなくなったら、おしまいだぞ」

そういって男は光の粒になって消えた。

 

ネタバレ6・結末

旅の終わりが近づいていた。

瑞希は言う「家に帰ろうよ。一緒に帰ろうよ」

だが、優介は止まらない。

途中で寄った安宿で、2人は旅に出て初めて本当の意味で抱き合った。

翌日、2人はついに目的地の海辺のたどり着く。

「本当は適当なこと言っただけなんだ。お経は関係ない」

優介は言う。

「ちゃんと、あやまりたかったんだ」

瑞希「行かないで」

「みっちゃん、とどまってるのはもう限界だと思う」

2人は流木に腰かけて、空を見ながら優介が持ってきた熱いコーヒーを飲む。

…瑞希が目を覚ますと、あたりは夜になっていて、優介の姿はなかった。

瑞希は2人分の荷物を抱えて歩きはじめる。

<完>

 

※物語の解釈や、原作を読んでの感想などは?

関連記事:映画「岸辺の旅」原作小説のネタバレ感想と解釈

 

まとめ

原作小説「岸辺の旅」はとにかく、情緒的で、誌的で、抽象的な作品です。

なので「主人公夫妻がどこからどう進み、どこへたどり着いた」という足跡は全然順序立てて描かれていません。

小説なら「行間」に、映画なら「沈黙」に全てが詰まっている、そんな作品だと思います。

その中でも、一応「ストーリーの大筋」として拾い上げられるものを今回は「ネタバレ」として結末までお伝えしました。

結局「なぜ優介は妻と旅をしたのか」など、多くの疑問には明確な答えはなく、それぞれの読者が「感じたモノ」を大事にすればいいんだと思います。

また、そんな「岸辺の旅」ですから、その魅力の多くは今回拾い上げなかった「描写」の中にあるのかも知れません。

映画を見る前に、原作小説を読んでみるのも面白いと思いますよ!

なお、映画「岸辺の旅」は10月1日全国公開予定です。


PR

無料で130日間も有料動画が見放題!
サービス名(通常月額)特徴無料期間
U-NEXT
(月額1990円)
圧倒的な動画見放題14万本!
・もらえるポイントで最新映画も見られる
・ダウンロードも可能
31日間

Paravi
(月額925円)
国内最大級のドラマアーカイブ数!
・独占ドラマ多数
・放送中ドラマの見逃し配信やスピンオフも見られる
30日間

FODプレミアム
(月額880円)
・フジテレビ公式の動画配信サービス
ドラマやバラエティー番組が充実
100誌の雑誌が読み放題
・動画本数3万本
・独占タイトル5000本
約30日

dアニメストア
(月額400円)
・月額料金が安い
アニメ作品数NO.1
・アニソンや声優コンテンツも充実
31日間

Hulu
(月額933円)
海外ドラマが充実
・オリジナルドラマも多数
・見放題作品5万本
2週間



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA