青春・少女漫画系

「ひだまりが聴こえる」のネタバレと結末は?実写映画化決定!

ぱんだ
ぱんだ
ようこそ!

BL作品「ひだまりが聴こえる」の実写映画化が発表されましたね!

「ひだまりが聴こえる」は文乃ゆきさんのデビュー作。

1冊完結のお話ですが、かなり心揺さぶられる良作として評価の高い作品です。

一応、BLではあるものの露骨な描写はなし。

男性が読んでも純粋に感動できるお話だと思うので、ぜひ実写映画版にも頑張ってほしいところですね。

というわけで、今回はそんな「ひだまりが聴こえる」のあらすじ・結末についてネタバレしていきたいと思います!

実写映画の予習としてどうぞ。

 

 

 

「ひだまりが聴こえる」のネタバレ

バイトをクビになり、金欠の太一のお腹は限界寸前だった。

そんな太一が目にしたのは、いかにも美味しそうなお弁当を一人で食べている航平の姿。

太一のもの欲しそうな視線に気づいた航平は、お弁当を置いて無言で去っていく。

不愛想だが、どうやら弁当を恵んでくれたらしい。

 

太一は友人から航平についての話を聞く。

女子にモテること、人付き合いはあまりしていないこと。

そして、難聴でありノートテイカーを募集していること。

弁当の借りを返すべく、太一は航平のノートテイカーに名乗り出る。

報酬は航平手作りのお弁当だ。

あまりに美味しいお弁当の虜になった太一は、しばらく航平のノートテイカーを続けることに。

 

ノートテイカーとして一緒にいるうちに、太一は航平のことを少しずつ知っていく。

航平は後天的な難聴であり、普通に話すことができる。

相手の口の動きを読むことはできるが、手話はできない。

しかし、周りはそんなことはおかまいなしだ。

障害者と見るや、頼んでもいないのに手話を使われ、手話サークルなんかに誘われる。

航平はそんな周りの人間たちにうんざりしていた。

 

しかし、航平にとって太一だけは他の人間たちとは違った。

太一は航平に一切変な気を使わない。

「おいしい!」といって、実に幸せそうな顔をして弁当を食べてくれる。

 

そして、事件は起こった。

航平が相変わらず手話サークルからの勧誘をスルーしていると、ノリの悪い航平にイラッと来た男子が罵詈雑言を口にしたのだ。

どうせ聴こえないからと思って。

一緒にいた太一は思わず男を殴ってしまう。

航平「なんで殴ったの?俺は聴こえないから別に…」

太一「聴こえないからって何言ってもいいわけねーだろ。聴こえないのはお前のせいじゃない」

この言葉に航平は思わず涙を流す。

(人と一緒にいると、いつもトラブルになった)

(自分のせいで)

いつもそう考えていた航平にとって、それは救いの言葉だった。

難聴になってから、友達と離れざるを得なかった航平。

そんな航平にとって、太一は特別な存在になった。

 

 

太一の影響で、航平にも変化が見えるようになった。

少し行動的になり、太一と一緒に草野球にも参加した。

ところが、その草野球で出会った美穂という女の子によって2人の関係に暗雲が…。

美穂は案の定航平を気に入ったのだが、足掛かりとしてまずは太一に接近。

やはり難聴者に対して偏った見方をしている美穂に対して、太一は一喝する。

しかし、航平はそんな太一と美穂の関係を勘違いして…。

 

航平は太一を大切に思っているからこそ、太一が自分から離れていくことなんて考えられない。

ついに、航平は自分の方から太一と離れることを決意する。

ノートテイカーの仕事も、新たに募集を始めた。

お互いに、お互いのことを大切に思いながらもすれ違い続ける2人。

 

そして、ついに太一は航平のことをつかまえた。

難聴がまたひどくなっていた航平だが、太一の声だけはなぜかはっきりと聴こえる。

太一「お前が黙ってたら何もわからない。お前は自分の気持ちをちゃんと言えよ。最初から諦めたりすんなよ」

泣きながら訴える太一の手を引き、航平はキスをする。

航平「やっぱわかってなかった、鈍いよね」

太一のことが好きだったと告白する航平。

航平「ごめんね。でも言えてよかった。今までほんとにありがと」

2人の関係はどうなる…!?

 

結末のネタバレは?

場面は変わって、少しだけ先の未来。

髪を切ってイメチェンした航平の耳には補聴器が。

あれだけ遠ざけていた手話サークルに入ろうとしているようだ。

もう前の航平とは違う。

そこに現れる太一。

航平(いきなりキスしてしまったのに、堂々と現れるか普通!?)

太一「ご飯を食べるのも忘れて考えて考えて考えた」

太一「でも、いくら考えても、お前のこと嫌いになる理由なんて見つからなかったんだよ」

太一の手にはノートテイカー募集のチラシが。

太一「これ、まだ応募できんのか?」

<ひだまりが聴こえる・完>

 

 

おまけ

その後の航平と太一を描く「今はまだ道の途中」にて。

 

相変わらず航平と太一の仲は良い様子。

今日は2人で一緒に映画館へ。

あれから航平は手話サークルに入り、徐々に手話も覚えてきている。

太一の手を取って航平が簡単な手話を教える。

手に触れられて、なんとなく意識してしまう太一。

航平「もうあんな事しないから。太一が嫌がることはしない」

太一「嫌じゃなかったらどうすんだよ…」

太一の声は小さくて、航平には届かなかった。

まだまだ道の途中。

 

まとめ

漫画「ひだまりが聴こえる」が実写映画化!

いったい誰が航平と太一を演じるのか!?キャストも気になりますね~。

さて、今回は「ひだまりが聴こえる」のあらすじ・結末のネタバレでした。

BL作品という枠組みでありつつも、繊細な心の機微を丁寧に描いた作品であるということが1%でも伝わっていれば幸いです。

ちなみに「ひだまりが聴こえる」の後、続編として「ひだまりが聴こえるー幸福論」という作品も出ています。

興味がある方は原作漫画&続編漫画もぜひチェックしてみてくださいね!

PR

無料で5か月も有料動画が見放題!
サービス名(通常月額)特徴無料期間
auビデオパス
(月額562円)
月額料金が安い
・映画やドラマが見放題
映画チケットが安くなる
・TOHOは月曜日1100円
・UNITEDは毎日1400円
・同伴者も割引できる
30日間

U-NEXT
(月額1990円)
・最新映画も見られる
ファミリーキッズ向けが充実
・韓流ドラマに強い
・70誌の雑誌も読み放題
圧倒的な動画本数14万本
31日間

FODプレミアム
(月額880円)
・最新ドラマが見られる
バラエティー番組が充実
100誌の雑誌が読み放題
・動画本数3万本
・独占タイトル5000本
約30日

dアニメストア
(月額400円)
・月額料金が安い
アニメ作品数NO.1
・アニソンや声優コンテンツも充実
31日間

WOWOW
(月額2300円)
人気アーティストのライブの生中継が見られる
・オリジナルドラマがおもしろい
・見る作品を選ばなくていい
最大31日
(初月無料)



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA