イヤミス

映画「少女」のネタバレと解説!湊かなえの原作小説の結末とは?

ぱんだ
ぱんだ
ようこそ!

湊かなえ「少女」が実写映画化!

イヤミスの女王・湊かなえの「告白」に続く第2作目が映像化されます。

物語は一見「女子高生2人がある夏に経験したちょっとした事件」

しかし、ラストの章で明かされた情報によりストーリーの内容がガラリと変わって見えるトリックが仕込まれています。

あまりに緻密に張り巡らされた伏線は「お見事!」という感じですね。

ただし、あえて難点を挙げるなら、伏線がちょっとわかりにくいところ。

せっかく「ああ、そうだったんだ!」という展開なのに、伏線をスルーしてしまっていてはもったいない!

というわけで今回は、映画化される湊かなえ「少女」のあらすじ・結末をネタバレ解説!

冒頭で描かれている「遺書」は誰のモノ!?

 

 

湊かなえ「少女」のネタバレ

まずは「全てがひっくり返る終章」までのあらすじを見ていきましょう。

※以下、ネタバレ注意!

 

「少女」あらすじ

桜川高校2年生の敦子は毎日学校の裏サイトで自分の悪口を書かれていないかをチェックする。

敦子が周囲の評価にビクビクするようになったきっかけは中学最後の剣道の大会。

その決勝戦で敗れたことを学校の裏サイトで罵られているところを目撃してしまった敦子は有名私立・黎明館への剣道推薦を蹴り、今も周囲から浮かないように気を遣って過ごしている。

そんな敦子を見かねた親友の由紀は、敦子をモデルにした小説「ヨルの綱渡り」を書いて励まそうとしていた。

しかし、そんな友紀の小説は桜川高校の国語教師・小倉によって盗作されてしまう。

自称作家の小倉は由紀の小説を盗んで新人賞を受賞。

校内に掲載された文章を見た敦子は「由紀が書いた」と見ぬいたが、「自分はネタにされた」と感じ由紀の真意には気づかない。

 

一方、自分の小説が盗作された由紀は復讐するため、小倉のノートPCを持ち出す。

どうやら小倉は黎明館高校のセーラというあだ名の女子高生と付き合っているらしい。

それとは別に、由紀は全職員当てに全生徒の国語の成績表を添付したメールを送信する。

由紀は軽い復讐のつもりだったが、これが職員室で大問題となり小倉は自主退職。

数か月後、小倉は電車のホームから転落し、亡き人となった。

 

小倉のPCを由紀と一緒に見ていた敦子は、小倉によるセーラとの交際日記の一文に目が留まった。

「さすが黎明館のセーラは最高。桜川のクズどもとは違う」

頭にきた敦子は八つ当たりで黎明館の裏サイトに適当な悪口を書き連ねる。

「セーラは援助交際している。相手は盗作男」

 

盗作の一件で気まずい間柄になってしまった由紀と敦子は、転校生の紫織と一緒に行動するようになる。

紫織は言う。

「親友の遺体を目撃したことがあるの」

それを自慢のように感じた2人は「人の命の終わる瞬間」を目撃したいと思うようになる。

夏休み。2人はそれぞれボランティア活動をすることに。

敦子は老人ホームへ、由紀は小児科病棟へ。

目的は、人の遺体を見ること――。

 

老人ホームで敦子は高雄という男と出会う。

最初は敦子を避けるようにしていた高雄だったが、ある事件を機に打ち解けていく。

高雄は「ヨルの綱渡り」を持っていて、敦子に「それは君のために書かれた小説だよ」と諭した。

小説をちゃんと読み、由紀の優しさに気づいた敦子は涙を流す。

しかし、なぜ高雄は最初よそよそしい態度をとったのか?

実は高雄は優秀な営業マンだったが、女子高生に痴漢の冤罪を着せられてクビになっていたのだ。

そのせいで、妻とも離婚し、病気の子供にも会えていないという。

 

一方、由紀は病院で昴とタッチーという2人の少年に出会う。

昴は手術成功率7%という難病にかかっている。

タッチーはそんな昴のために、離婚して行方が分からない父親を探してほしいと由紀に頼んだ。

由紀はこれを了承。

昔アルバイトをしていたモデルハウスで情報を集めようとするが、個人情報は教えてもらえない。

そうしていると、由紀は隣の住宅メーカーの男・三条から「夜に来れば教えてやる」と声をかけられる。

これは身体を要求されているということだろうか…。

由紀は1つ年上の彼氏である牧瀬に協力を頼む。

夜。由紀と三条のやりとりを牧瀬がこっそり撮影している。

三条のセクハラの証拠をつかんだ由紀たちは、表沙汰にしないことと引き換えに情報を引き出す。

なんと昴の父親は老人ホームの高雄だった。

 

 

由紀と高雄、そして居合わせた敦子は昴の待つ病院へ向かう。

「昴!」

高雄はそういって「タッチーを」抱きしめた。

そして、さらに衝撃的なことが起こる。

「パパ!」と抱きしめ返したタッチーが果物ナイフで高雄の背中を刺したのだ。

敦子はナイフをすばやくたたき落とし、トラウマから顔面蒼白になっている由紀の手を引いて病院から走り去る。

由紀(いつかもこんなことがあった)

由紀は昔同じように敦子に助けられたことを思いだし、2人は再びわだかまりのない親友同士に戻った。

 

後日、事情を説明するメールが由紀に届く。

実は昴とタッチーは入れ替わっていたのだという。

由紀がタッチーだと思っていた本当の昴は、父親(高雄)を恨んでいた。

高雄は冤罪であったが昴の母親はそれを信じず離婚、さらに心の病に罹り病室にも訪れなくなったという。

父親を刺せば母親に会えるはず。

そう思っての行動だったという。

そして、手術成功率の低い難病にかかっていたのも本当は由紀がタッチーだと思っていた方だった。

タッチーの手術は失敗し亡くなったが、最後に高雄の冤罪を理解し、一緒に過ごせて幸せだったという。

 

「少女」の結末

さて、ここからがイヤミス・湊かなえの真骨頂。

小説「少女」の終章は冒頭の「誰のモノかわからない遺書」の続きとなっています。

冒頭を読んだ時には誰もが「これは由紀と敦子、どっちの遺書だ?」とミスリードされた遺書の謎。

終章ではその遺書を書いた主が紫織だと判明し、紫織は親友と同じように自分で自分の命を絶って物語はジ・エンド。

 

「えっ、なんで紫織がそんなことに!?」

実は小説「少女」の裏テーマは「因果応報!地獄へ落ちろ!」(認知症の由紀の祖母のセリフ)

物語の裏では由紀や敦子が気づかないうちに、ドミノ倒しのように不幸が連鎖していました。

そのドミノ倒しをスタートさせる一押しは、物語終盤の3人のやりとりから…。


 

夏休み明け。由紀・紫織・敦子が一緒にいる。

紫織が高いブランドバッグを持っていることに気づく2人。

どうやって買ったかと尋ねられ、紫織は「ウソ痴漢したから」と答える。

示談金でけっこう稼げたという。

例の亡くなった親友もウソ痴漢をしていたが、その子は相手にハマって交際に発展したそうだ。

放課後。由紀と敦子は紫織を映画に誘うが、断られる。

「毎月この日は星羅のお墓参りだから」

由紀はその言葉にかすかな違和感を覚えたのであった。


 

さて、それではいよいよ「少女」裏の物語のネタバレ解説です。

 

 

湊かなえ「少女」ネタバレ解説

因果応報。全ての始まりは紫織のウソ痴漢から。

紫織は最後にターゲットにした相手が父親の知り合いだったからやめたと語りますが、この最後の被害者の正体は高雄

これにより高雄は会社をクビになり、表の物語へとつながっていきます。

 

また、紫織の親友「星羅」の正体は「セーラ」

桜川高校の盗作国語教師・小倉の交際相手だった人物です。

では、なぜセーラは自分で命を絶ったのか?

その理由は学校で周囲に虐められていたからでしたが、そのいじめの原因になったのは学校裏サイトに突然書き込まれた悪口でした。

「セーラは援助交際している。相手は盗作男」

敦子が軽い憂さ晴らしのために書いた悪口が、セーラを自ら手首を切らせるまでに追い詰めていたのです。

 

一方、由紀もそれと知らず不幸のドミノを加速させていました。

紫織の「ウソ痴漢」の話を聞いて自分もブランド品が欲しくなった由紀は、セクハラ男・三条から小遣いを巻き上げようと考えます。

結果、三条は女子高生に猥褻な行いをしようとした罪に問われ逮捕。

そして、実は三条は紫織の父親だったのです。

 

紫織は父親が逮捕されたことが原因で、学校でいじめられるように。

由紀も敦子も、そんな紫織から離れていきました。

紫織は考えます。


 

由紀や敦子を恨もうとは思わない。

自分も星羅に同じことをした。

99通来たメールを、すべて無視した。

結局は、他人事だったのだ。


 

そんなわけで物語は終章の「紫織の遺書」へとつながります。

紫織に注目すれば、自分が「ウソ痴漢」したことが遠因となって父親が逮捕され、自分も虐められるようになったわけですね。

そしてそれを苦にして…。

まさに因果応報。

地味に由紀や敦子が知らないうちに他人の人生をめちゃくちゃにしているという点も、イヤミスらしいじっとりとした読後感を生みだしています。

 

まとめ

湊かなえ「少女」が実写映画化!

今回は複雑な原作のネタバレ解説をしてみました。

小説「少女」は2人の親友の友情物語…とみせかけて裏ではえげつないもう1つの物語が進行しているさすがの構成!

冒頭と結末で語られる「遺書」の内容によって裏のストーリーが判明し、本編中に散りばめられていた伏線が一気に「紫織の最後」へと結びつく展開にはゾクッとしました。

この物語のテーマが因果応報なら、作中で罪を背負っている由紀と敦子にも相応の罰が下るのでは…?

そんなさらにもう1つの展開まで想像させれられる、まさにイヤミス的な作品「少女」

映画のWヒロインを演じるのは本田翼さん&山本美月さんということで実写版にも期待です。


PR

無料で130日間も有料動画が見放題!
サービス名(通常月額)特徴無料期間
U-NEXT
(月額1990円)
圧倒的な動画見放題14万本!
・もらえるポイントで最新映画も見られる
・ダウンロードも可能
31日間

Paravi
(月額925円)
国内最大級のドラマアーカイブ数!
・独占ドラマ多数
・放送中ドラマの見逃し配信やスピンオフも見られる
30日間

FODプレミアム
(月額880円)
・フジテレビ公式の動画配信サービス
ドラマやバラエティー番組が充実
100誌の雑誌が読み放題
・動画本数3万本
・独占タイトル5000本
約30日

dアニメストア
(月額400円)
・月額料金が安い
アニメ作品数NO.1
・アニソンや声優コンテンツも充実
31日間

Hulu
(月額933円)
海外ドラマが充実
・オリジナルドラマも多数
・見放題作品5万本
2週間



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA