エンタメ

映画「脳内ポイズンベリー」のネタバレ感想!原作とは違う結末に!

コミック原作の話題映画「脳内ポイズンベリー」を見てきました!

率直な感想としては「面白かった!」の一言に尽きます!

「見ようかどうか悩んでいる」という方には自信をもっておススメできるクオリティです!

映画のジャンルとしては「ラブストーリー」に分類される「脳内ポイズンベリー」ですが、コメディとしても楽しめます。

また、原作の内容を知っていても十分に楽しめる内容でした。

映画の結末には原作とは違う展開も…!

関連記事:原作「脳内ポイズンベリー」のネタバレ!結末は?

以下、より詳しく感想を書いていきますね!(映画のネタバレを含みます!)

映画「脳内ポイズンベリー」のネタバレ感想

まず、概要を簡単におさらいしておきましょう。

 

主人公は30歳のケータイ小説家・櫻井いちこ。

いちこの行動は脳内にいる5人(理性・ポジティブ・ネガティブ・衝動・記憶)の会議で決定されます。

「脳内ポイズンベリー」はそんな櫻井いちこが年下の天然アート系男子に恋したり、安定感のあるメガネ男子にキスされたりしてとにかく悩みまくる…というストーリーです。

 

脳内がメイン

原作と比べて「脳内会議」の方がより重点的に描かれているなあ、というのが第一の感想です。

まあ、キャストを見てみても明らかですよね。

現実に恋する男性:古川雄輝・成河

脳内にいる男性:西島秀俊・神木隆之介(豪華!)

脳内がメインに描かれているため、楽しみどころは「現実で起こる恋愛模様」というよりは「現実で起こる恋愛模様に対するアラサー女子の本音」という点。

例えば「結婚して安定したい、でもトキメク相手はそんな思惑とはまったく別の人」というアラサー女子の葛藤に対しても、脳内にいるそれぞれの感情が代弁しているんですね。

衝動(ハトコ)「好きな人とずっといたい!」

ネガティブ(池田)「ずっと好きな人といられるわけがない!結婚できる相手を見つけるべき!」

などなど。

脳内会議がぐっちゃぐちゃに混乱している様がとても面白かったです(笑)

 

とにかくカワイイ!

特にコメディっぽく描かれている前半部分の感想は「とにかくカワイイ!」という一言に尽きます。

誰が?

主に西島秀俊さんと神木隆之介さんが!

渋さもカッコよさも忘れてとにかく状況に流されて慌てふためく西島秀俊がカワイイ!

全力で無邪気にはしゃいでいる神木隆之介さんがカワイイ!

「MOZU」や「学校のカイダン」とは180度違った可愛い2人の姿を見るためだけに映画見ても満足できるレベルだと思います(笑)

 

また、思ったことをすぐ口にするハトコ(衝動)を演じている桜田ひよりちゃんもハマり役。

※桜田ひよりちゃんは「ワイルド・ヒーローズ」でお馴染みの子役ですね。12歳とは思えない演技力に脱帽です!

それに、いかにも「操られています」という感じの真木よう子さんの演技もさすがでした!

ネガティブが操っている時には吉田羊が、理性が操っている時には西島秀俊が、まるで真木よう子さんに憑依しているかのように見えます。

 

原作との違いは?(ネタバレ多め)

映画「脳内ポイズンベリー」のストーリーは基本的には原作通りに進行します。

ただ、脳内会議を多めに描いたということもあり現実の出来事は多少「改変orカット」されていましたね。

それによって現実の男どもが、原作よりもより残念な感じになっています。

まず、早乙女は原作よりもより「クズ男」感が強まり、原作序盤の「この人にときめくのはしょうがないよね!」というイケメンオーラが感じられませんでした。

終わってみれば「ああ、早乙女はクズだったな…」という感想に。

一方、より残念なのは越智さんですよ!

「キスをスルー」「結局は早乙女を選ぶ」というひどい仕打ちを受けるのは原作通りですが、その他の見せ場がバッサリカットされています!

「いちこにかかってきた元婚約者からの電話をバッサリ切って護る」という見せ場もなく「結婚前提に付き合う?」というシーンに移行。

原作では一旦は越智さんといちこは付き合っているような関係になるのですが、映画ではただ振り回しただけです。

原作における「越智さんと一緒に実家に挨拶に行く」くだりはなかったことになっていて、代わりに「ちょっと待っていてください、今から告白しに行くので」の時点でいちこは早乙女を選択し越智さんをスルー。

「越智さんがあんまりだ!」というのが素直な感想です。

映画内には越智さんが「好きでもないのに気のあるふりして!ふざけんじゃない!」とぶち切するシーンがありましたが、心情的には越智さんに同情しまくりでした。

というのも結末がね…。

 

結末は!?(ネタバレ多め)

原作のラストは「いちこが早乙女ときっぱり別れた1年後。別の男性と結婚が決まっている」というシーン。

明確に描かれてはいないものの、いちこの結婚相手は越智さんだという流れでした。

一方、映画「脳内ポイズンベリー」の結末。

同じく早乙女ときっぱり別れたいちこでしたが、最後は「また別の男性と恋に落ちる予感」という印象のシーンでした。

※映画冒頭:落し物を早乙女に拾ってもらい恋に落ちる。映画最後:同じ要領で別の男(顔見えず)に落し物を拾ってもらう。

しかし、これは越智さんじゃないだろうな…。

映画の結末では越智さんが一瞬登場し、その後いちこが落し物をします。

新しく恋に落ちる予感がする男の靴元だけは映っていたのですが、それが越智さんの靴だったかは…見てませんでした(汗)

この文章を読んだ後に、映画を見る人はラストシーン間近で登場する越智さんの靴に注目してください。

それが最後にいちこの落し物を拾った男の靴だったら…やっと越智さんが報われます(笑)

 

いちこの成長にも注目

前半がコメディパートなら、後半はシリアスパート。前後でかなり映画の雰囲気が変わります。

後半「早乙女が好きだけどすれ違ってばかり⇒だから無理して早乙女の機嫌を取るいちこ」という流れにおいては脳内の雰囲気は暗く重い感じに。

そのうちに、早乙女がいちこの成功に嫉妬してケンカが起こります。

いちこは涙を流し、脳内会議場にはどしゃ降りの雨が。

ここで最後にバシッと決めたのは西島秀俊&神木隆之介。

「重要なのは誰を好きかじゃない。誰と一緒にいる自分が好きか、だ!」

早乙女のことは好きだけど、早乙女と一緒にいる自分は幸せになれない…!

いちこが過去のトラウマを克服し、一回り成長した瞬間でした。

恋を諦める身を裂くような辛さ、それでも「自分の幸せを探していかなくてはいけない」という決意。実にいいクライマックスだったと思います。

 

まとめ

総合的な感想としては大満足の出来だった映画「脳内ポイズンベリー」

現実の男、特に越智さんの扱いについてはちょっと残念でしたが、その分脳内の神木・西島がかわいかったりカッコよかったりしたのでトントンかな(笑)

結末では原作と違い、いちこは結婚せずまた別の男性と恋に落ちるという感じでした。

あれだけ感情が大混乱した事件があったのに、また懲りずに恋に落ちる…これもまたアラサー女子のリアルということでしょうか。

特にアラサー世代に刺さる映画だと思いますが、幅広く「大人」が楽しめる作品となっています。

映画「脳内ポイズンベリー」、おススメです!

※そして、結末での越智さんの靴を見てきてください…(笑)



おすすめ少女漫画アプリ

マンガPark - 人気マンガが毎日更新 全巻読み放題の漫画アプリ

マンガPark - 人気マンガが毎日更新 全巻読み放題の漫画アプリ

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

白泉社の少女漫画が読める漫画アプリです。



雑誌でいえば『花とゆめ』『LaLa』とかですね。



オリジナル作品も女性向けが多くてにっこり。



毎日2回もらえるポイントで最低8話ずつ無料で読めますし、初回は30話分の特別ポイントももらえます。



↓人気作も配信中!
  • 『フルーツバスケット』
  • 『三月のライオン』
  • 『桜蘭高校ホスト部』
漫画を見てみる

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

集英社の少女漫画が読める漫画アプリです。



雑誌でいえば『りぼん』『マーガレット』とかですね。



歴代の名作から最新作までとにかくラインナップが豪華!



少女漫画が好きなら、一度はチェックしておきたいアプリです。



↓配信中タイトル
  • 『ハニーレモンソーダ』
  • 『君に届け』
  • 『NANA-ナナ-』
漫画を見てみる


POSTED COMMENT

  1. ゆま より:

    こんにちは。
    映画の最後のシーンで
    出会うであろう男性は越智さんです( ´ ▽ ` )ノ

    鎌倉デートの時の越智さんの靴と同じでした♪

    >管理人コメント

    ゆまさん、情報ありがとうございます!
    やっぱり越智さんだったんですね!スッキリしました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA