青春・少女漫画系

映画「青空エール」あらすじと原作ネタバレ!漫画最終回の結末は?

この夏の注目映画は「青空エール」

「俺物語!」河原和音さんのコミックを実写化した作品です。

ヒロインのつばさ役を演じるのは土屋太鳳さん。

甲子園シーズンの公開にふさわしい、爽やかな青春ストーリーの実写化が早くも話題になっています。

というわけで今回は実写映画化される「青空エール」のあらすじ・ネタバレについてチェック!

ヒロインの恋と夢、そして最終回での結末とは!?

あらすじとネタバレ

原作漫画「青空エール」は2008年~2015年にかけて別冊マーガレットに連載された少女漫画(単行本全19巻)

ドロドロ系の少女漫画とは一線を画す、どこまでも爽やかなキャラクターやストーリーが話題となった人気漫画です。

まずは、そんな「青空エール」のあらすじから見ていきましょう!

あらすじ

ヒロイン・小野つばさは北海道札幌市立白翔(しらと)高校の1年生。

吹奏楽と野球の強豪校である白翔高校で、つばさは夢を叶えるために初心者ながらも吹奏楽部に入部する。

つばさの夢、それは甲子園で野球部を応援するブラスバンドの一員になること!

つばさは同じクラスの野球部員・山田大介に励まされながら、トランペット奏者として成長していく。

 

ネタバレ

※以下、ネタバレ注意!

「青空エール」はつばさ達が夢を追う1年生~3年生にかけての物語。

最初はただ「甲子園で演奏して応援したい」というだけだったつばさですが、徐々に吹奏楽に真剣に取り組むようになり、吹奏楽の甲子園「普門館」を目指すようになります。

そして、同時につばさはいつも真っ直ぐに夢を追っている大介に恋心を抱くように…。

1年生の大会。

野球部は1年生ながら急きょ出場した大介のミスで支部大会決勝戦で敗退。

同じく吹奏楽部も全国大会出場を逃してしまいます。

また、つばさは大介に告白するも玉砕!

かといって2人の関係はギクシャクしたりせず「友達以上恋人未満」な関係になっていきます。

 

そして2人は進級して2年生に。

つばさは支えてもらってばっかりの1年生から、後輩を指導する立場に。

吹奏楽の腕だけでなく、部をまとめる立場としても成長していきます。

しかし、この年もまた2人の夢は叶いませんでした。

大介は練習中に足首を骨折してしまい、治った後もケガの恐怖からプレーが鈍りレギュラー落ち。

一方のつばさも実力が及ばずコンクールメンバーから外されてしまいました。

悔しくて、ふがいなくて、どうしようもない時、2人はお互いに励まし合ってまた前を向いて頑張りはじめます。

そして、そんな経験を通して2人はいつしか両想いに…。

大介「待っててくれる? 甲子園出れるまで」

つばさ「甲子園まで待ってるよ」

 

そして高校生活最後の3年生。

先に夢の舞台に上がったのは野球部キャプテンになった大介でした。

白翔高校野球部は悲願の甲子園出場を決めたのです。

1回戦の相手は千葉・楡岡学園。

試合は硬直したまま延長に突入し、10回・11回・12回…と進んでいきます。

もちろんスタンドではつばさたち応援団がエールを送っています。

そして運命の14回。楡岡に追加点1点を奪われたまま、白翔の攻撃は終了。

白翔高校野球部は甲子園1回戦で敗退という結果に終わりました。

大介は空元気を見せたり、その後しっかりと悔しがったりしたものの「次は小野(つばさ)の番だな」と鼓舞。

そして、今度はつばさの夢の舞台の幕が上がります。

3年生になったつばさは今度はしっかりとコンクールメンバー入りし、吹奏楽コンクール北海道大会では2位の成績で全国大会(普門館)へと駒を進めました。

その夜、コンビニで待ち合わせる2人。

大介「絶対 全国行けると思ったわ」

大介は初めてつばさにキスをして、全国大会へと送り出します。

そして、いよいよ普門館。目指すは1位に当たる「ゴールド金賞」

つばさ(大介くんが信じてくれて、みんなが信じてくれてここまでこれた)

コンクールメンバーが一丸となって演奏した曲目が終わった後、会場からは万雷の拍手が巻き起こります。

つばさ(私ひとりなら、こんな大きな拍手一生もらえない。みんながいたからもらえたんだ。みんなと一緒だから。素晴らしい演奏ができた。)

そして運命の結果発表。

北海道代表 北海道白翔高等学校――「ゴールド金賞」

喜ぶ部員たちの中、つばさは客席に大介の姿を見つけます。

つばさ(聞こえたよ。ずっときこえてたよ。「信じてる」「がんばれ」って)

つばさと大介は抱き合い大会は終了。

あとは卒業を残すのみ…。

 

最終回

部活を引退したつばさと大介。

大介は推薦で大学へ行き、また野球を続けるつもりだとつばさに話します。

そして、大介はこう続けました。

「あのさ、小野が良かったら俺と一緒な大学行かね!?」

「そんで吹部入って応援してくんね?大学野球も応援あるよ」

つばさはまだ吹奏楽を続けたいという自分の気持ちに気づき「応援したい!」と返答。

2人は同じ大学を目指すことにしたのでした。

つばさ(夢がひとつ終わっても、私たちの道はつづく)

2月。

吹奏楽部の引退式が終わり、つばさと大介は一緒に帰り道を歩んでいきます。

最後はつばさのモノローグでタイトル回収。

(みんなの心の中に自分だけの青空があって)

(そこを目指して懸命にすすんでる)

(だから、誰かのそんな姿を見つけたら『がんばれ』って応援したくなる)

<青空エール 了>

感想

「青空エール」は少女漫画ながら趣は「爽やかな青春部活モノ」という感じで、恋愛要素は少なめです。

つばさと大介はわりと早い段階から事実上の両想いになるのですが、いつも部活優先で「付き合っているのか」は微妙な感じ。

でも、つばさが苦しい時にはいつも大介が励ましてくれて、つばさもまた大介に精いっぱいのエールを送って支え合っている様子がなんとも純愛という印象でステキな作品でした。

実写映画では、土屋太鳳さんと竹内涼真さんのフレッシュな演技がよかったです!

映画『青空エール』の配信は?

青空エール
U-NEXT
Amazonプライム
Paravi
Hulu×
FOD〇(レンタル)

※配信情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

U-NEXTなら初回登録から31日間無料!

もらえるポイントを使えば、最新作でも課金なしで見ることができます。

U-NEXTで見る

※31日間のお試し期間中に解約すれば支払いはゼロ円!
U-NEXTの無料トライアルについてもっと詳しく見る

【U-NEXT】知って得するユーネクスト生活!他にはない特長をチェック! U-NEXT(ユーネクスト)は無料トライアル期間でもポイントがもらえるお得な動画配信サービスです。 見放題の動画数は他の有...
動画配信サービス(VOD)の無料期間を使うなら今!映画ドラマだけじゃない!動画配信サービス(VOD)には2週間~1か月程度の無料お試し期間があります。 当たり前なんですが、期間内に解約すればお金は一切かか...

まとめ

名作コミック「青空エール」が実写映画化!

今回は全19巻に及ぶ原作漫画のあらすじを最終回までネタバレ紹介しました。

「青空エール」はなんというか青春の「キラキラ」した感じ、10代のエネルギーに溢れている作品です。

読んでいるとこちらまで応援されているような気分になる漫画なので、わたしにとっては疲れた時にそばにおいておきたい作品でもあります。



おすすめ少女漫画アプリ

マンガPark - 人気マンガが毎日更新 全巻読み放題の漫画アプリ

マンガPark - 人気マンガが毎日更新 全巻読み放題の漫画アプリ

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

白泉社の少女漫画が読める漫画アプリです。



雑誌でいえば『花とゆめ』『LaLa』とかですね。



オリジナル作品も女性向けが多くてにっこり。



毎日2回もらえるポイントで最低8話ずつ無料で読めますし、初回は30話分の特別ポイントももらえます。



↓人気作も配信中!
  • 『フルーツバスケット』
  • 『三月のライオン』
  • 『桜蘭高校ホスト部』
漫画を見てみる

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

集英社の少女漫画が読める漫画アプリです。



雑誌でいえば『りぼん』『マーガレット』とかですね。



歴代の名作から最新作までとにかくラインナップが豪華!



少女漫画が好きなら、一度はチェックしておきたいアプリです。



↓配信中タイトル
  • 『ハニーレモンソーダ』
  • 『君に届け』
  • 『NANA-ナナ-』
漫画を見てみる


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA