イヤミス

映画「楽園」のモデルになった事件とは?元ネタの実話を解説!

映画『楽園』の原作は『犯罪小説集』という吉田修一さんの短編集なのですが、実は収録された5つの短編にはそれぞれ『元ネタ』が存在します。

これまでの作品でも見られたように、実際に起こった事件をモデルにしているんですね。

そこで今回は映画「楽園」のモデルになった事件を紹介しつつ、物語と比べていきたいと思います!

映画『楽園』のモデルになった事件とは?

映画『楽園』は『犯罪小説集』の中の2つの短編を組み合わせた作品です。

原作になったのは以下の2編。

『青田Y字路』……田舎で小学生の女の子が消えた。そして10年後、再び事件は起こった。犯人は誰?

『万屋善次郎』……限界集落で起きた前代未聞の凶悪事件。その背景とは?

今回はそれぞれの元ネタになった事件をご紹介していきます。

※詳しいあらすじや結末は別記事にまとめていますので、未見の方は先にどうぞ。

映画「楽園」のあらすじとネタバレ!イヤミスすぎる結末の感想は?吉田修一『犯罪小説集』が『楽園』に改題して映画化!綾野剛さん、杉咲花さん、佐藤浩市さんら豪華なキャスト陣が注目を集めていますね。...

『青田Y字路』のモデルになった事件

『青田Y字路』の元ネタは『北関東連続幼女誘拐殺人事件』だと思われます。

冤罪事件となった『足利事件』に連なる事件だといえば、ピンとくる方もいるかもしれませんね。

事件の概要を簡単にまとめてみましょう。

  • 1979年に端を発した女児連れ去り(失踪)事件。1984年、1987年、1990年と続く。
  • 被害者はいずれも10歳に満たない女児であり、遺体、あるいは白骨化した状態で発見されている。
  • 未解決事件であり、犯人はいまだに特定・逮捕されていない。

犯人が捕まっていない以上はっきりとはしませんが、少なくても群馬県と栃木県で起きた4件の女児連れ去り殺人事件が同一犯によるものだとされています。

『青田Y字路』と比較してみると……

  • 同一の地域で繰り返される犯行
  • 被害者が女児であること
  • 結局、はっきりとは犯人がわからないこと
  • 足利事件を思わせる『冤罪』の要素が含まれていること

などなど、多くの共通点が見つかります。

もちろん物語の内容そのものはフィクションですが、モデルになった事件はやはり『北関東連続幼女誘拐殺人事件』でしょう。

最後に、かの有名な『足利事件』もご紹介しておきますね。

  • 1990年の事件の犯人として、菅家利和さんが逮捕・起訴され、実刑判決(無期懲役刑)を宣告された。
  • 有罪の決め手はDNA型の一致。しかし、当時DNA型鑑定は導入されたばかりであり、別人であっても約1000分の1の確率で一致する可能性があった。
  • 1996年にも同様の事件が発生したことから、報道番組が菅家さんの無罪を訴える。
  • DNA型再鑑定の結果は不一致。冤罪が証明され、ただちに菅家さんは釈放された。
  • 菅家さんが釈放されたのは2009年、再審で無罪が確定したのは2010年のことだった。

当時はニュースで見かけない日はないほどの大事件だったので、記憶に残っている方もいるのではないでしょうか。

国内の代表的な冤罪事件の一つともいえる、あってはならない事件でした。

【追記】モデル事件はこっちかも?

コメントでご指摘いただきました。

※かいりママさん、ありがとうございます!

今日映画見てきましたが、Y字路のモデルは栃木小1女児殺害事件の方だと思いました。

ニュースなどでは『今市事件』と呼ばれていた事件ですね。

2005年の事件発生から2014年の逮捕、そして2018年の無期懲役判決まで何度も報道された事件なので、覚えている方も多いのではないでしょうか。

『青田Y字路』との共通点は

  • 被害者が女児であったこと
  • 女児の最後の目撃場所が三叉路であったこと
  • 犯人がアジア系の外国人だったこと
  • 犯人が母親と偽ブランド品の販売をしていたこと
  • 冤罪説があること

このようにかなり多く見つかります。

また、小説の最後には『白いバンに乗る若い男(真犯人?)』が登場するのですが、『今市事件』においても女児失踪時に『白いセダンに乗る若い男』の目撃情報がありました。

これだけ共通点がある以上、『青田Y字路』のモデルになっていると考えて間違いないでしょう。

とはいえ、やっぱり『北関東連続幼女誘拐殺人事件』を思わせる部分もあるので、

2つの事件をミックスしたのかな?

とも思いました。

※その場合、メインになったモデルは今市事件の方だと思います。

『万屋善次郎』のモデルになった事件

『万屋善次郎』の元ネタになった事件は『山口連続殺人放火事件』だと思われます。

こちらも2013年に話題になった事件なので、覚えている方もいるのではないでしょうか。

事件の概要を簡単にまとめてみましょう。

  • 限界集落(8世帯12人)で5人の高齢者が亡くなった殺人・放火事件
  • 被害者の死因はいずれも鈍器による殴打
  • 犯人は被害者の隣人である63歳の男性。犯人宅には「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」という川柳があった。
  • 犯人は山中に逃走したが、やがて1キロ離れた山道で確保された。

現代日本において5名の命を奪う犯行は重大事件というほかなく、犯人には極刑が言い渡されました(第一審・第二審)

2018年現在、犯人は最高裁に上告中。

この事件の恐ろしいところは、なんといっても犯行動機です。

裁判でも焦点になったのですが、犯人には「妄想性パーソナリティ障害」が認められています。

ざっくりいえば「みんなが自分の悪口を言っている」という『思い込み』によって、この凶悪事件は起こったのです。

『万屋善次郎』では、村おこし失敗後に善次郎が狂人に変貌していましたが、まさに犯人は善次郎と同じような状態だったといえます。

ただし、この犯人は一方では左官職人として優秀で、自ら建築した自宅はテレビや新聞に取り上げられるほどでした。

また、犯人は周辺住民の家の修繕なども引き受けていました。

周辺住民とのあつれきを深めたのは、両親が亡くなってからだということです。

必ずしも犯人だけが問題だったのではなく、限界集落に特有の濃密な人間関係が大きく影響したのではないかという指摘もあります。

あらためてこの事件を「万屋善次郎」と比較してみると……

  • 田舎の限界集落という舞台
  • 「村おこし」を巡る対立
  • 周辺住民とのトラブルを抱えた犯人の状況
  • 正常ではない犯人の精神状態

などの共通点が見られます。

また『万屋善次郎』には

  • 「家の前にマネキンを並べていた」
  • 「飼い犬の臭いで周辺住民とトラブルになった」

という描写がありますが、これも実際の事件との共通項ですね。

『青田Y字路』に比べると、『万屋善次郎』はかなり実際の事件に近い物語であるように思われます。

【おまけ】その他の短編小説と、その元ネタ

『犯罪小説集』の残り3つの短編と、そのモデルとなった事件は以下の通りです。

『曼珠姫午睡』……魔性の女の人生を描いた物語。女は保険金目的でパトロンの男を、別の男に殺させる。

モデルは『首都圏連続不審死事件』

あの木嶋佳苗の事件といった方がわかりやすいですね。

婚活として男に近づき、金を巻き上げては相手を始末するという、ちょっと信じられない事件。

獄中結婚したという報道にも驚かされました。

裁判では極刑が確定しています。

『百家楽餓鬼(バカラガキ)……大企業の御曹司がギャンブルにのめり込み、会社の金を横領する(背任罪)

モデルは『大王製紙事件』

創業家3代目の会長・井川意高がカジノに使うための金を子会社から私的に引き出していた事件。

引き出した総金額は100億円を超えていたというのですから、まったく驚くやら呆れるやら。

5つの短編の中で唯一『百家楽餓鬼』は人が亡くなっておらず、現実の裁判での判決も懲役4年というものでした。

『白球白蛇伝』……プロの野球選手として栄光を掴んだ男が、引退後も見栄のために浪費し続け、最後は借金申し込みを断った相手を手にかけてしまう。

モデルは『元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件』

小説と同じく、一時期は栄光を極めた小川博が浪費癖のために身を持ち崩し、最後は勤務先の産廃処理会社の会長に借金を頼もうとして……という事件です。

※ただし会長は留守だったため、被害に遭ったのは家政婦の女性

第一審・第二審の判決は無期懲役。

ちなみに『白球白蛇伝』のモデルとして「清原和博の覚せい剤取締法違反」をあげている方もいらっしゃいますが、これは間違いです。

「白球白蛇伝」で描かれている主人公の経歴や事件の経緯は小川博の事件と酷似しており、疑いようもありません。

そもそも清原の場合は罪状が違いますしね。

まとめ

吉田修一『犯罪小説集』が映画化するということで、今回は映画『楽園』の原作を中心に、モデルになった事件をご紹介しました!

どれも有名な事件ばかりなので「ああ、あれが元ネタだったのか」と思い出した方も多いのではないでしょうか。

それにしても、フィクションの世界ならいざ知らず、現実の世界でもこんな凶悪な事件が起こっているという事実にはあらためて驚かされますね。

まさに『事実は小説よりも奇なり』

もしかしたら下手な小説を読むよりも、現実の事件を調べてみたほうがゾクリとさせられるかもしれません。

綾野剛さん、杉咲花さん、佐藤浩市さんらが出演する映画「楽園」は2019年10月18日公開!

『悪人』『怒り』に続く新たな吉田修一作品映画がどのようなものになるのか、楽しみです。


PR

無料で130日間も有料動画が見放題!
サービス名(通常月額)特徴無料期間
U-NEXT
(月額1990円)
圧倒的な動画見放題14万本!
・もらえるポイントで最新映画も見られる
・ダウンロードも可能
31日間

Paravi
(月額925円)
国内最大級のドラマアーカイブ数!
・独占ドラマ多数
・放送中ドラマの見逃し配信やスピンオフも見られる
30日間

FODプレミアム
(月額880円)
・フジテレビ公式の動画配信サービス
ドラマやバラエティー番組が充実
100誌の雑誌が読み放題
・動画本数3万本
・独占タイトル5000本
約30日

dアニメストア
(月額400円)
・月額料金が安い
アニメ作品数NO.1
・アニソンや声優コンテンツも充実
31日間

Hulu
(月額933円)
海外ドラマが充実
・オリジナルドラマも多数
・見放題作品5万本
2週間



POSTED COMMENT

  1. かいりママ より:

    今日映画見てきましたが、Y字路のモデルは栃木小1女児殺害事件の方だと思いました。
    この事件で容疑者とされている勝又拓哉は台湾人で、幼少期に母親と日本に移り住んだんですよね。
    母親と一緒にリサイクル品売ってたって部分も同じです。勝又容疑者の方はリサイクル品ではなくて偽ブランド品だったかな。それで母親が罪に問われていたような…。

    • わかたけ より:

      >かいりママ さん

      たしかに!

      容疑者の人柄に注目すると、いわゆる『今市事件』との共通点が多いですね!

      ご指摘ありがとうございます!

      記事内に追記しますね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA