ラストに驚き

映画「22年目の告白-私が殺人犯です」の感想!原作との違いは?

ぱんだ
ぱんだ
ようこそ!

藤原竜也さん主演の映画「22年目の告白-私が殺人犯です」を観てきました!

なんと私が行った映画館はほぼ満席状態!

やっぱり注目作になりましたね~。

で、肝心の出来はと言うと…面白い!

私は韓国の原作映画も見ているのですが、原作のいい部分を残しつつ洗練されている…という印象です。

終盤にかけては大きな設定変更もあり、原作を知っていても十分に楽しむことができました。

というわけで、今回はそんな映画「22年目の告白-私が殺人犯です」の解説&感想!

韓国版との違いなどについても見ていきたいと思います!

※ネタバレ満載なので、未見の方はご注意ください!

 

 

1.映画「22年目の告白-私が殺人犯です」のあらすじ

では、まずは簡単に映画の内容を振り返ってみましょう。

 

1995年、東京で起きた連続殺人事件。

5人の被害者を出しつつも、その事件は時効を迎えてしまった。

時は流れて、2017年。

当時の犯人を名乗る「曽根崎雅人(藤原竜也)」が告白本を出版し、自ら世間の前に姿を現した。

曽根崎の容姿やパフォーマンスが話題となり、告白本は空前の大ブームになっていく。

一方、被害者遺族はそんな曽根崎に怒り心頭。

また、当時曽根崎を追っていた刑事・牧村(伊藤英明)もそんな曽根崎の動向に注目していた。

 

ところが、事態は思わぬ方向へと進みだす。

「俺こそが本当の犯人だ」と名乗る人物が現れたのだ。

曽根崎・牧村はその人物と一緒に、ニュースキャスター・仙堂(仲村トオル)が司会を務める番組に生出演する。

真犯人を名乗る人物が持参したDVDには、知られざる6人目の被害者である牧村の妹の首が絞められ、その命を散らされる映像が映っていた。

怒りに燃える牧村…そして曽根崎。

曽根崎「私は犯人ではありません」

実は曽根崎の正体は、牧村の妹の婚約者だった小野寺拓巳。

小野寺は真犯人を捕まえるために顔を変え、真犯人をおびき寄せるために告白本を出版したのだ。

告白本の内容が詳しかったのは、担当刑事だった牧村が書いたため。

つまり、最初から牧村と曽根崎は真犯人を見つけるためだけに狂言(芝居)を仕掛けていたのだった。

 

 

だが、話はさらに一変する。

生出演していた真犯人は金で雇われた身代わりであり、真犯人本人ではなかったのだ。

2人の計画は失敗。真相は闇の中へと消えた…かのように思われた。

だが、2人の執念は絶望すらも凌駕していく。

熟考と検討を重ねた曽根崎は、ついに自力で真犯人を見つけ出すことに成功する。

22年前の事件の真犯人…その正体はニュースキャスターの仙堂俊雄だった!

仙堂の別荘に乗り込み、自らその命を奪おうとする曽根崎。

そこに追ってきた牧村が現れた。

「時効は成立していない!そいつは法で裁ける!」

「…嘘だ」

「嘘じゃない!」

牧村は何度も妹が亡くなったときのDVDを再生し、殺害時刻が0時過ぎであることに気づいたのだ。

日付が変わったその日から、日本では「凶悪事件に関する時効」が撤廃された。

つまり、6人目の事件に関しては、仙堂は法で裁けるのだ。

力が抜け、ガクリとひざを折る曽根崎。

その後、仙堂は逮捕された。

 

獄中。

すっかり精神異常者としての顔が板についてきた仙堂は「手記でも書こうか」と、本当の告白本を出版する手はずを進める。

しかし、そんな彼の背後から忍び寄る人物がいた。

被害者遺族の一人である若者だ。

彼はナイフを手にゆっくりと仙堂に近づくと、自らの手で母親の仇を討った。

<22年目の告白-私が殺人犯です・完>

 

 

2.韓国の原作映画との違いは?

実は犯人を名乗る人物は被害者遺族の一員であり、裏では刑事と協力して真犯人をあぶり出そうとしていた…という大筋は原作のまま。

ただ、全体的にはかなり変更点も多かったですね。

例えば、原作では刑事の恋人が被害者になっていたのに対して、日本版における最後の被害者は刑事の妹になっています。

物語的には「テレビ番組への生出演」が分岐点になっていて、原作だと「そのまま追い詰めて刑事が真犯人の息の根を止める」という展開だったのに対し、日本版では「その人物は偽物。後日改めて真犯人にたどり着き、最後は命を奪わず逮捕」という結末になっていました。

※まあ、日本版でも最後は被害者遺族の若者がブスリとやってくれるのですが

全体的な印象としては韓国原作の方が「被害者遺族一同の憎しみ」を重視しているのに対し、日本版は「牧村と曽根崎の復讐」により焦点を当てているような感じでしたね。

 

また、日本版では真犯人のキャラクターを深く掘り下げている点がすごく良かったです!

韓国原作では「おまえ誰?」と言いたくなるほどぽっと出の人間が真犯人だったのですが、日本版では正義のジャーナリストとして知られる「仙堂」というキャラクターが真犯人として登場。

・真犯人はなぜ連続事件を起こしたのか?

・真犯人はどんな過去、どんな精神構造を持つ人物だったのか?

という点が掘り下げられていて、物語に深みが出ていました。

※仙堂は戦地の反政府軍に捕らえられた過去があり、そのとき親友を目の前で失った経験がトラウマになっていた。だから仙堂は事件を起こして「自分と同じ境遇の人間」を増やそうとしたし、その復讐によって自らも「親友と同じように命を奪われる」ことを望んでいた。結局、曽根崎が自ら手を下さなかったことで、真犯人の望みは叶わなかったということになります。

 

※韓国原作映画のあらすじ・内容はコチラで確認できます。

関連記事:映画「22年目の告白」韓国原作のあらすじとネタバレ!

 

 

3.映画「22年目の告白」の感想!

2時間があっという間に感じられるほど、見入ってしまいました!

原作に比べてより洗練されている印象で、無駄なシーンがなく、内容が濃く詰まっている感じ。

それでいて物語は絶妙にテンポよく進んでいくので、飽きることも置いていかれることもなし。

つまり、めちゃめちゃ面白かった!

私は韓国の原作映画を観ていたので、ある程度展開の予想がついていたのですが「予備知識なしで見たかった!」とちょっと後悔したくらい面白かったです(笑)

ミステリー好きには「絶対見た方がいいよ!」とおススメしたいですね。

 

また、ストーリーももちろん面白かったのですが、映画「22年目の告白」を傑作たらしめているのは、やはりキャストの力!

藤原竜也・伊藤英明・仲村トオル…この三人がつくり出す空気感がとにかくすごかった!

この三人の姿に目が釘付けになるというか、目を奪われるというか…雰囲気でこちらを呑み込んでくるんですよね。

皆さん演技力に定評のある役者さんですが、改めて「すごっ…!」と実感しました。

中でも個人的にMVPを差し上げたいのは、真犯人役を演じていた仲村トオルさん!

「正義のジャーナリスト」としての顔と「深い闇を抱える精神異常者」としての顔とのギャップにはゾクッとさせられました。

ジャーナリストとしての仲村トオルさんに違和感ゼロだっただけに、その後の落差がすごいのなんの!

また、それでありながら最終的には狂気に満ちた人物としての仲村トオルさんにも「しっくり」きているんだから、やっぱり「スゴイ!」の一言!

ぜひ、映画「22年目の告白」を見て「仲村トオルってこんなこともできるの!?」とビックリしてみてください(笑)

 

まとめ

映画「22年目の告白-私が殺人犯です」がついに公開されましたね!

私も公開日を楽しみにしていたのですが、期待を超える仕上がりに大満足でした!

もし見ようかどうか迷っている人がいたら、自信を持っておススメしたいです。

原作のいい部分を残しつつ、日本版オリジナル要素も大胆に組み込まれているので、韓国の原作映画を知っている方でも楽しめると思いますよ。

藤原竜也・伊藤英明・仲村トオル…キャストの実力も申し分なく、映画の世界にグイグイと惹きこまれます。

映画「22年目の告白」は一見の価値あり!面白かったです!


PR

無料で130日間も有料動画が見放題!
サービス名(通常月額)特徴無料期間
U-NEXT
(月額1990円)
圧倒的な動画見放題14万本!
・もらえるポイントで最新映画も見られる
・ダウンロードも可能
31日間

Paravi
(月額925円)
国内最大級のドラマアーカイブ数!
・独占ドラマ多数
・放送中ドラマの見逃し配信やスピンオフも見られる
30日間

FODプレミアム
(月額880円)
・フジテレビ公式の動画配信サービス
ドラマやバラエティー番組が充実
100誌の雑誌が読み放題
・動画本数3万本
・独占タイトル5000本
約30日

dアニメストア
(月額400円)
・月額料金が安い
アニメ作品数NO.1
・アニソンや声優コンテンツも充実
31日間

Hulu
(月額933円)
海外ドラマが充実
・オリジナルドラマも多数
・見放題作品5万本
2週間



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA