特集

【2021年】本当におもしろかった小説10選【ふりかえり】

いつのまにか2021年もあとわずか。

今回は一年の総まとめとして「これは本当におもしろかった!」という小説を10冊選んでみました。

気になる一冊が見つかれば幸いです。

ぱんだ
ぱんだ
いってみよう!

「2021年に読んだ小説」から選んでいます(2021年刊行に限らず)

※集計の都合上、一部2020年12月に読んだ小説も含みます。

『52ヘルツのクジラたち』

2021年本屋大賞受賞作。

「52ヘルツのクジラ」は周波数の違いから、他のクジラに声を届けることができません。

それはどんなに孤独で、寂しいことでしょう。

『52ヘルツのクジラたち』に登場する人々は、そんな一人ぼっちのクジラによく似ています。

誰かに聞いて欲しい《声》をじっと自分の胸の内に抱えたまま一歩も動けず、途方に暮れています。

田舎に引っ越してきた訳アリの若い女性と、虐待されている少年。

届かない声を張り上げているふたりが出会い、そして……。

とても切なくて、でもそれ以上に優しい物語でした。

もっとくわしく

52ヘルツのクジラたち
『52ヘルツのクジラたち』あらすじネタバレ解説と感想【本屋大賞2021】本屋大賞1位! 町田そのこ『52ヘルツのクジラたち』のあらすじがよくわかるネタバレ解説と感想。...

小説を読む

 

『花束みたいな恋をした』

菅田将暉さん、有村架純さんが主演した同名映画のノベライズ。

小説を読むと自分が物語の場面に立ち会っているような感覚が味わえて、映画を見るのとはまた少し違った魅力があります。

『花束みたいな恋をした』で描かれているのは、ありふれた若い男女の恋です。

ふたりとも若くて、一緒にいるだけで幸せで、でもいつまでも続くわけじゃない恋。

ありふれた恋の話だからこそ、誰もが共感せずにはいられません。

病気でもなく、浮気でもなく、自然な心の変化によってふたりが別れる場面ではじわりと涙がにじみました。

もっとくわしく

花束みたいな恋をした
『花束みたいな恋をした』あらすじネタバレと感想!切なくも温かな結末共感度100%!映画『花束みたいな恋をした』のあらすじを結末までネタバレしています。感想もあるよ。...

小説を読む

 

『鳩の撃退法』

こちらは藤原竜也さんが主演した同名映画の原作小説です。

『鳩の撃退法』については、とにかくおもしろかったとしか言いようがありません。

事件の真相がどうの、隠されていた謎がどうの、という物語の緩急の話ではありません。

ただただ文章を目で追っているだけで心が弾むというか、楽しいんです。

「なんのこっちゃ」とお思いのことでしょう。書いていてわたしもそう思います。

上下巻の長編小説(1100ページ!)を疲れもなくペロリと読み終えて「まだまだ読んでいたかった」と残念に思った……といえばなんとなく伝わるでしょうか。

「読んでみてほしい。読めばわかるから」という落第点をもらいそうなおすすめの仕方で申し訳ないのですが、実際そうとしかいいようがないので読んでみてください。読めばわかるから。

もっとくわしく

鳩の撃退法
小説『鳩の撃退法』あらすじネタバレ解説|ある小説家の数奇な運命【映画原作】小説(ウソ)が現実(ホント)になる――。佐藤正午『鳩の撃退法』のあらすじがよくわかるネタバレ解説|感想...

小説を読む

 

『明け方の若者たち』

こちらは2021年12月31日に公開される同名映画の原作小説です。

主人公の「僕」は20代の青年。びっくりするくらいセンスが似ている彼女に出会い、幸せなひと時を過ごします。

けれど、物語終盤では衝撃的な事実が明らかになり……。

若者の心をとらえて離さないカツセマサヒコさんの文章は瑞々しくて、なんでもない一節の言葉の選び方にいちいちハッとさせられました。

映画はもちろんのこと、ぜひ小説でも読んでほしい一冊です。

もっとくわしく

明け方の若者たち
『明け方の若者たち』あらすじネタバレ解説!この恋には秘密がある【映画原作小説】ただの甘い恋愛小説じゃない! カツセマサヒコ『明け方の若者たち』のあらすじがよくわかるネタバレ解説。...

小説を読む

『向こうの果て』

『彼女はなぜ同棲相手を殺したのか?』

あらすじからその理由を、そして物語の結末を予想できる人はいないでしょう。

ここまで人間の運命を、人生を、複雑に描けるものかと脱帽しました。

語る人によってまったく違う印象になる「彼女」の素顔とは……?

もっとくわしく

向こうの果て
小説『向こうの果て』あらすじネタバレ解説!感想は「切なすぎる」彼女はなぜ同棲相手を殺したのか? 竹田新『向こうの果て』のあらすじがよくわかるネタバレ解説と感想。...

小説を読む

 

『兇人邸の殺人』

館ミステリの旗手・今村昌弘さんによる『屍人荘の殺人』シリーズ3作目。

「隻腕の首狩り巨人」が住まう館に閉じ込められる……パニックホラーな雰囲気の中、生存者同士による殺人が発生します。

犯人の目的は? 怪物の正体とは?

正統派ミステリの魅力である謎解きはもちろん、物語(ストーリー)も秀逸な作品でした。

2021年「このミステリーがすごい!」第4位。

もっとくわしく

兇人邸の殺人
小説『兇人邸の殺人』あらすじネタバレ解説|結末に絶句【屍人荘の殺人シリーズ第三弾】入ったが最後、姿を見ることは二度とない――。今村昌弘『兇人邸の殺人』のあらすじがよくわかるネタバレ解説|屍人荘の殺人シリーズ第三弾...

小説を読む

 

『正体』

少年死刑囚の脱獄生活を追う物語。

人並み外れた頭のキレを持つ主人公は、完璧な変装を武器に警察から逃げ回ります。

しかも、行く先々で関わった人々を助けてやりながら。

本当に彼は凶悪な殺人犯なのか?

逃亡の果て、彼はどこを目指しているのか?

結末には息が止まるほどの《衝撃》が待ち構えていました。

もっとくわしく

正体
染井為人『正体』あらすじネタバレ解説|打ち震える結末に涙【ドラマ原作小説】それは懺悔か、復讐か――。染井為人『正体』のあらすじがよくわかるネタバレ解説|亀梨和也主演ドラマ原作小説...

小説を読む

 

『死との約束』

名作中の名作、アガサ・クリスティ「名探偵ポアロ」シリーズの一作。

1938年に発表されたミステリ小説なのですが、(驚くべきことに)今読んでもすこぶるおもしろかったです。

誰が、いつ、どこで、どんな言動をしていたか?

ひとつひとつ論理を組み上げていけば必ず真相にたどりつく誠実なトリックでありながら、どんなに推理してみても探偵の謎解きではやっぱり「そうだったのか!」と唸らされます。

まさに不朽の名作。先人は偉大です。

もっとくわしく

『死との約束』ネタバレ解説!犯人は誰?【名探偵ポアロ】アガサ・クリスティ『死との約束』を読みました! 名探偵ポアロが推理する今回の事件は、奇妙な家族に降りかかった殺人事件。 家族...

小説を読む

 

『たかが殺人じゃないか』

去年(2020年)の年末ミステリランキングで三冠。

  • このミステリーがすごい!1位
  • 週刊文春ミステリーランキング1位
  • ミステリが読みたい!1位

密室殺人と首切り殺人、昭和の高校生たちが不可解なふたつの事件の謎に挑みます。

  • 緻密な犯行トリック
  • 予想外の犯人
  • 悲喜こもごもの人間関係

『たかが殺人じゃないか』はおよそミステリ小説が求められる期待に100点満点応えながら、さらに結末にも「やられた!」と読者をうならせる仕掛けを用意してくれていました。

掛け値なしにとびっきりおもしろかったです。ミステリ好きなら必読!

もっとくわしく

たかが殺人じゃないか
『たかが殺人じゃないか』ネタバレ解説と感想!拍手喝采の快作!辻真先『たかが殺人じゃないか』を読みました! 2020年12月発表のミステリランキングで三冠を達成した本作。 このミ...

小説を読む

 

『黒牢城』

今年(2021年)の4大ミステリランキング制覇+山田風太郎賞受賞で5冠達成!

2021年はミステリ小説が豊作でした。

なのにこんな過去に類を見ない偉業を成し遂げるなんて、はっきりいってバケモノみたいな小説です。

時は戦国時代。場所は信長軍がぐるりと包囲する有岡城。

籠城中の城内で発生した難事件を解く探偵役は、土牢に囚われた若き日の黒田官兵衛です。

  • 凶器
  • 犯行動機
  • トリック

『黒牢城』ではそのすべてに戦国時代らしさがあふれていて、現代ミステリとはひと味もふた味も違ったおもしろさがありました。

そしてなにより、歴史小説としても抜群におもしろい!

ミステリと歴史小説、それぞれの魅力がぎゅうぎゅうに詰まった傑作、5冠達成にも大いに納得です。

もっとくわしく

黒牢城
米澤穂信『黒牢城』あらすじネタバレ解説|史実とミステリの歴史浪漫小説【感想も】2021年ミステリランキング完全制覇! 米澤穂信『黒牢城』のあらすじがよくわかるネタバレ解説|感想...

小説を読む

まとめ

今回は一年の読書の中で「これは!」と特におもしろかった小説をまとめてみました。

話題作ばかりなので、ご存じのタイトルもあったのではないでしょうか?

どれもこれも「読んでよかった!」と思える小説ばかりです。

「最近、小説読めてないな~」という方は各記事を読んでプチ読書を楽しまれてみてはいかがでしょう。

 

早いもので2021年も残りわずかですね。

今年のご愛顧、ならびに本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

来年もたくさんの小説と出会いたく思いますので、変わらずおつきあいいただけるとうれしいです。

では、よいお年を!

ぱんだ
ぱんだ
またね!

あなたが今年読んだおすすめ小説はなんですか?

よかったらコメントで教えてください。



おすすめ少女漫画アプリ

マンガPark - 人気マンガが毎日更新 全巻読み放題の漫画アプリ

マンガPark - 人気マンガが毎日更新 全巻読み放題の漫画アプリ

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

白泉社の少女漫画が読める漫画アプリです。



雑誌でいえば『花とゆめ』『LaLa』とかですね。



オリジナル作品も女性向けが多くてにっこり。



毎日2回もらえるポイントで最低8話ずつ無料で読めますし、初回は30話分の特別ポイントももらえます。



↓人気作も配信中!
  • 『フルーツバスケット』
  • 『三月のライオン』
  • 『桜蘭高校ホスト部』
漫画を見てみる

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

集英社の少女漫画が読める漫画アプリです。



雑誌でいえば『りぼん』『マーガレット』とかですね。



歴代の名作から最新作までとにかくラインナップが豪華!



少女漫画が好きなら、一度はチェックしておきたいアプリです。



↓配信中タイトル
  • 『ハニーレモンソーダ』
  • 『君に届け』
  • 『NANA-ナナ-』
漫画を見てみる


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA